藤木「お願いだよう。先っぽだけ入れさせてくれよ」野口「クックックック」

1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:34:16 ID:toVHyzWdF

藤木「頼むよ、このクラスで童貞は僕だけなんだ」

野口「あらあら、こんなに勃起させちゃって。クックックック」

4: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:36:22 ID:toVHyzWdF

野口「先っぽだけとか言って、そのまま挿入させる気じゃないだろうね」

藤木「ギクッ!?そそそそ、そんな事するわけないじゃないか」

野口「どのみち先っぽだけ挿入しても脱童貞とは言えやしないよ」

野口「他をあたりな。クックックック」


6: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:38:32 ID:toVHyzWdF

藤木(あーあ…野口さんなら簡単にヤらせてくれると思ったのになあ)

藤木(僕だって本当は笹山さんとしたいに決まってるだろ…)

藤木(でも……)

藤木(……)

藤木(あてが外れちゃったなあ)


7: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:40:46 ID:toVHyzWdF

永沢「どうしたんだい、藤木くん。ため息なんかついて」

藤木「な、永沢くん…なんでもないよ」

永沢「藤木くん、さっき野口と二人で何を話してたんだい?」

藤木「な、なんでもないったら」

永沢「藤木くん、まさか


永沢「野口に筆下ろしをお願いしたんじゃないだろうね」


11: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:47:35 ID:toVHyzWdF

藤木「そ、そんなことする訳ないじゃないか…」

永沢「ほー僕はてっきり早く童貞捨てたくて尻軽そうな野口にお願いしたんだと思ったよ」

藤木「……」

永沢「ここらへんで僕は失礼するよ。城ヶ崎さんを目隠しプレイで放置したままだからね」

永沢「ま、君も早く童貞を卒業出来るといいね。これは僕から君へのプレゼントだ」

藤木「永沢くん…」

永沢「なーに気にするなよ。僕たちは友達じゃないか。それじゃ」

藤木「……」

藤木(コンドームなんて貰ってもしょうがないじゃないか…)


18: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:51:06 ID:toVHyzWdF

藤木「はぁ……」トボトボ

友蔵「おや、君はまる子のお友達の」

藤木「あ、さくらのおじいさん。どうも」

友蔵「確か藤木くんじゃったな」

藤木「はい、じゃあ急いでるのですみません」トボトボ

友蔵「車に気をつけて帰るんじゃぞー」

友蔵「……」


25: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:56:52 ID:toVHyzWdF

さくら家 夜

いっただっきまーす

友蔵「それでのう、帰ってくるとき藤木くんに会ったんじゃよ」

まる子「えぇ藤木に?」

友蔵「なんか元気が無かったのう。手に持ったコンドームを見つめながらトボトボ歩いておった」

さきこ「え、え!?藤木がコンドーム!?」

まる子「ねーねーコンドームってなに?」

すみれ「見間違えなんじゃないですか?」

友蔵「いやいやあれはまさしくコンドームじゃった」

まる子「ねーねーコンドームって何?」

こたけ「ほっほ、最近の子は進んでるもんじゃのう」

まる子「ねええええええねええええコンドームって!!!!」


29: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)12:01:49 ID:toVHyzWdF

ヒロシ「偉ぇーじゃねえかよ。ちゃんと避妊してるんだ。誰にも文句言われる筋合いはねーのさ」

すみれ「ちょっとお父さん、でも藤木くんは小学生なんですよ」

さきこ「………」

まる子「ねー、お姉ちゃんもコンドーム持ってるの??」

さきこ「ばっ…馬鹿なこと言ってるんじゃないわよ!」

すみれ「まる子!!馬鹿な事言ってないで早くご飯済ませちゃいなさい!!!」

まる子「もう…お母さんのいけずぅ」

まる子「ふーんだ。明日藤木に聞いてやろー」


58: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:31:35 ID:H38pUcdUw

キートン「翌日」

たまえ「おはよー今日は早いねまるちゃん」

まる子「おはよーたまちゃん、ちょっと藤木に用があってね。あ、きたきた」

まる子「おはよー藤木」

藤木「おはよう。今日は早いんだなさくら」

まる子「ねー藤木、コンドーム見せておくれよ」

藤木「えええぇ!?」


59: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:35:21 ID:H38pUcdUw

まる子「おじいちゃんが昨日言ってたんだ。ねー、減るもんじゃないし見せてー」

藤木「……ほ、ほらよ」

まる子「ありがと。どれどれ…」

藤木「あ、開けるなよさくら!」

まる子「うひひひ、うわっなんかネチョネチョしてるしゴム臭いなあ」

たまえ「やめなよまるちゃん…」

まる子「ねえ、これどうやって使うの?」

藤木「え」
たまえ「え」

まる子「どうやって使うの?」


62: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:41:48 ID:H38pUcdUw



藤木「………さくら、今日時間あるかい?」

たまえ「ちょっと藤木!」

まる子「ん、いいよ。よろしくー」

藤木(さくらか。……ま、いいか)


63: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:42:48 ID:H38pUcdUw

たまえ「ちょっとまるちゃん!どういう意味か分かって言ってるの?」

まる子「だって物だけ見てもわかんないんだもーん」

まる子「たまちゃん、もしかして知ってるの?」

たまえ「えっあっう…それは…」

戸川「みなさん、おはようございます」

おはよーございまーす

まる子「いけねっ授業始まっちゃうよ」

たまえ「まるちゃん……」


64: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:47:29 ID:H38pUcdUw

昼休み

まる子「しっかしお腹いっぱいだよ。眠くなってきたねえ」

たまえ「まるちゃん、朝話したことだけど…」

まる子「あ、そうそう。教えて教えて~」

戸川「穂波さん、お家から電話がありましたよ。すぐ帰ってきて欲しいそうです」

たまえ「…はい、わかりました」

まる子「たまちゃん、どうかしたの?」

たまえ「私…早退するね」

まる子「うん、また明日ね」

まる子「……」

まる子「たまちゃん、元気なかったなあ」


65: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:50:36 ID:H38pUcdUw

穂波家

真太郎「ハァハァ…たまえ、こっちに座って」

たまえ「もう!学校の日くらい我慢してよね」

真太郎「あぁ…怒った表情も素敵だ」

真太郎「ほら、ボタンをゆっくり外してごらん…」

たまえ「もう…撮らないでよぅ」

真太郎「ハァハァ…いい子だ。いい子だよたまえぇ…」


70: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:54:23 ID:H38pUcdUw

真太郎「堪らないなあ…汗で肌に下着が吸い付いてるよ」

たまえ「もう…やめてよお父さん」

真太郎「ほら、自分で。ほら」

たまえ「やめてったら…」

真太郎「可愛いなあ…可愛いおっぱいだよたまえぇ…」

真太郎「あれ、この前より少し大きくなったんじゃないか?」

たまえ「え、そう?なのかな」

真太郎「手を休めないで。下も脱ぎなさい」


72: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:56:13 ID:H38pUcdUw

たまえ「はい…」

真太郎「おお!薄っすらと生えてきているじゃないか!」

真太郎「美しいよたまえぇ…毎日お父さんがお手入れしてあげるからな…」

たまえ「うう…」


75: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)14:59:52 ID:H38pUcdUw

キートン「放課後」

まる子「あー疲れた疲れた。たまちゃんも帰っちゃったし退屈な一日だったねえ」

藤木「おい、さくら。何帰ろうとしてるんだよ」

まる子「ん?あ、そうか。忘れてた忘れてた」

藤木「そうだな、保健室にでも行こうか」

まる子「保健室?なんでわざわざ」

藤木「まあいいからいいから、ほら。ついて来いよ」

まる子「まったく勝手な男だねぇ。わーったよ」

藤木(いよいよだ…いよいよ僕は…)


77: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:03:55 ID:H38pUcdUw

保健室

藤木「よし。保健の先生はいないな」

藤木「さくら、こっちに座れよ」

まる子「なんだってベッドに座らにゃ…あ」
藤木「あ…」

みぎわ「花輪くううううぅぅんもっと!もっと激しく突いてええええぇぇぇ」

花輪「んあっ!こうかい!もう僕はイきそうだよベイべェェェェ!!!」

まる子「」


83: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:08:49 ID:H38pUcdUw


花輪「ふぅ」

花輪「おや?藤木くんにさくらくんじゃないか」

藤木「花輪くん、邪魔してごめんよ」

みぎわ「ちょっと藤木!私をいやらしい目で見ないでくれる」

藤木「……」

花輪「君たちもお楽しみなのかい?ベイベー」

藤木「うん、隣のベッド使わせて貰うよ」

花輪「そうかい?じゃあこれから二回戦に突入しようかハニー」

みぎわ「花輪くん!次は私に攻めさせてぇ~」

まる子「……」


86: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:12:03 ID:H38pUcdUw

藤木「どうしたんだいさくら?早くおいでよ」

まる子「ど、ど、どういう事なのこれ」

藤木「ほら。僕のこれ、硬くなってるだろ?」

藤木「コンドームはこうやって、こうして…こう付けるのさ」

藤木「これをさくらのここに挿入するんだよ」

まる子「ちょっ!変なトコ触らないでよ!」


87: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:15:58 ID:H38pUcdUw

藤木「今更何言ってるんだよ!?ほら、脱げよ」

まる子「嫌あああああ!離じで!離じで!!!!」

藤木「抵抗っ、するなよ!」

まる子「花輪ぐん!!助げで!!!助げで!!!」

みぎわ「なんかお隣が騒がしいわね?ハァハァ…」

花輪「ハァハァ…どうやら、そういう、プレイを楽しんでるんだろね…じゃあ僕も獣になるよぅ!!!!」

みぎわ「いやあああああああん!!!花輪ぐうううううううん」


92: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:20:45 ID:H38pUcdUw

穂波家

真太郎「ふぅ」

たまえ「……」

真太郎「どうしたんだ、たまえ。良くなかったのか?」

たまえ「違うの!実は…」




真太郎「え!?まるちゃんが藤木くんに襲われてるかもしれない!?」

たまえ「うん、まるちゃん。そういう知識が無いから…たぶん」

真太郎「そうか…まるちゃんは生娘だったのか」

真太郎「こうしちゃいられない!」

たまえ「まるちゃんを助けに行くの!?私も行く!!」

真太郎「違うよ!記念すべきまるちゃんの処女喪失なんだ!!ビデオに撮らないと!!」

たまえ「お父さん…」


96: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:25:54 ID:H38pUcdUw

藤木「ハァハァ…ようやく大人しくなったなさくら」

まる子「ハァハァ…あたしを、あたしを甘く見るんじゃないよ!!」

藤木「ハァハァ…そら!…ようやく…

藤木「ようやく、さくらの花びらが顔を出してくれたよ」

まる子「ぅぐ…」

藤木(これで僕も大人の仲間入りだな…)

藤木「いくぞさくら、力抜いとけよ」

まる子「んああああああ!!!!」



藤木「あれ?」


101: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:32:30 ID:H38pUcdUw

その時、藤木の性像は頭を垂れてしまっていた

目の前には最早拒む力も残っていないまる子
藤木は焦っていた

どうして?どうしてここまできて?

ここで藤木は周囲を直視する

涙に覆われたのかすっかり湿っぽくなった枕
目を閉じ、唇を噛み締めて全てを受け入れてしまったのか顔を凍ばらせる女児

ここで藤木は悟ってしまう
自分のせいで一人の少女に性の十字架を一生負わせてしまう事に

藤木は悟ってしまう
自分自身も性の十字架と一生背負うことに


藤木「最低だ…俺って…」


102: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:36:46 ID:H38pUcdUw

藤木「もう、いいよ。悪かったなさくら」

まる子「ええ?…」

藤木「本当に…すまなかった。それじゃ」

まる子「あ、え?」



たまえ「まるちゃん!大丈夫!?」

真太郎「くそっ!間に合わなかったか!」

みぎわ「あああああああああん!!!!!」

花輪「んああああああああ!!!」

真太郎「これはこれで…」

たまえ「お父さん!」


105: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:41:37 ID:H38pUcdUw

キートン「翌日」

戸川「皆さんに残念なお知らせです。藤木くんが転校する事となりました」

えーーー
えーー
えー

まる子「藤木……」

永沢「藤木くん…君は本当に卑怯者だな」

永沢「…一言くらい、親友の僕に話してくれたって良いじゃないか」

大野「先生!藤木はどこに転校したんですか?」

戸川「それは

戸川「それは、第3新都市東京というところです」

次回

藤木「逃げちゃだめだ…逃げちゃだめだ…」



続く

乞うご期待!!


106: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:41:56 ID:H38pUcdUw

以上お疲れ様でした


107: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:42:13 ID:xBSCcOLBM

個人的には真太郎が一番最低


109: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)15:53:47 ID:NSjnDNwh0

乙カレー


110: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)18:05:31 ID:nUw27NEOl



112: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)18:19:44 ID:pwQnrTT0H

まるちゃんが無事で本当に良かった






藤木「お願いだよう。先っぽだけ入れさせてくれよ」野口「クックックック」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1406687656/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント