スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスオ「ええーちびまる子の奴らが攻めてきたって言うのかい!?」

1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)15:31:10 ID:j0L

磯野家 地下円卓の間

マスオ「それは本当かい?カツオくん」

カツオ「本当だよ・・中島がさっき
はまじとか言う奴に襲われたんだ」

マスオ「中島くんは無事なのかい!?」

ワカメ「もうマスオ兄さんたらa級の中島さんが
負ける訳ないじゃない」

タマ「流石は刈り取る者中島だな・・・」

引用元:open2ch
6: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)15:36:00 ID:j0L

サザエ「敵はe級だったわ
おそらく尖兵ね」

マスオ「とっなるとこれから本格的に進行してくる
かもしれませんねぇ」

波平「まさか奴らが次元を超える
能力者を見つけたとは」

カツオ「父さん今すぐ攻めよう!!」

波平「バッカモーン こちらに次元を超えるすべは
なかろう!」

波平「今は様子見じゃ」




8: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)15:39:38 ID:j0L

カツオ「待ってるだけなんて僕はやだよ!
僕はせめて手がかりを探しに行く!」

カツオ「行くぞ!タマ」

タマ「たく、仕方ねえな」

サザエ「コラ!待ちなさいカツオー!」

マスオ「行かせてやろう サザエ
男の子はこうやって大きくなるのさ」

波平「左様」


13: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)15:43:35 ID:j0L

公園

カツオ「よし タマ僕の私兵を全員集めてくれ」

タマ「おう!30秒待ってな」

タマは原付で走り去った

30秒後

タマ「連れてきたぜ」

中島「おーい磯野野球しようぜ」

花沢「いーそーのー君!」

カツオ「揃ったみたいだね」


18: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)15:48:30 ID:j0L

中島「ちびまる子の奴らとやり合うんだろ?」

花沢「腕がなるわ」

タマ「若い奴は血の気が多くて困るぜ」

カツオ「まず中島 襲われた時の状況を教えてくれ」

中島「修行の帰り道に襲われたんだ
相手は炎を使う能力者だった」

カツオ「炎だって!その能力がe級のはず
ないじゃないか!」


20: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)15:52:41 ID:j0L

中島「ありえるんだよ それが」

花沢「人口能力者・・・・」

中島「その通り」

カツオ「あいつらそんな禁忌にまで・・」

中島「なんとしても僕らを潰すつもりなんだ」

花沢「これは相当やばいわね」

カツオ「急いで尖兵を探そう!
花沢さん!能力を頼む」


25: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:00:16 ID:j0L

花沢「わかったわ!見つめる目(フロアサーチ)」

タマ「この能力は町中に貼った花沢不動産のチラシを
通して見ることできる能力って寸法よ」

カツオ「母さんには及ばないけど
花沢さんの探知能力は高いんだ!」

花沢「見つけた!商店街に入るわ」

中島「急いで行こう」

商店街

ブー太郎「はまじの敵討ちだブー
皆殺しだブー」

カツオ「酷い商店街がめちゃくちゃだ」

中島「これはサブちゃんのトランクスだ・・・」

花沢「そんなサブロウさんが・・・」


29: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:04:03 ID:j0L

カツオ「やるぞ!中島!」

中島「磯野お前の能力はまだ使うべきじゃない
ここは僕がやるよ」

カツオ「わかった 任せる」

中島「さぁブタ野郎僕の能力 死神の鎌(デスサイズ)
で殺してやるよ」

ブー太郎「その鎌ははまじを殺した鎌だブー
おいらの能力獣人化(アイアムオーク)でぶっ殺して
やるブー」


32: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:07:55 ID:j0L

中島「なにを言ってるんだ? お前はもうダルマさん
だぜ?」

ブー太郎「ブヒョォォォォ おいらの手足がないブー」

中島「ついでに首もな」

ブー太郎「ブヒョォ はまじごめんブー」

中島「サブロウさん あなたの敵は取りました」泣

その時中島の脳裏にサブロウとの思い出がよぎった


36: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:11:38 ID:j0L

サブロウ「あっ!中島君 モナカ食べるかい?」

サブロウ「泣くなよ 中島君 モナカ食べるかい?」

サブロウ「女の子に振られたからなんだって言うんだい! モナカ食べるかい?」

中島「サブロウさん・・・・」

タマ「復讐の旗の下に戦う奴はロクな死に方
しないのさ」

カツオ「中島・・・・・」


39: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:17:53 ID:j0L

中島「さぁクヨクヨして仕方ない!
ちびまる子の奴らを探そうぜ」

戸川先生「おっとそんなことはさせませんよ」

カツオ「こいつ!いつの間に」

タマ「中々できるな」

花沢「このオーラおそらくa級いやそれ以上かも」

中島「敵なら倒す!」

カツオ「中島!危ない!」

中島の横を高速の何かが横切った


43: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:27:21 ID:j0L

中島「は、はやい」

戸川「おや私の弾道ミサイル(チョークショット)を
避けるとは中々やりますね」

カツオ「こいつ・・僕でも勝てるかどうか・・・」

タマ「ここは俺が囮になろう」

カツオ「タマ!何を言ってるんだ!」

タマ「タラオの奴に三輪車をチャーターさせてある
早くいけ!」

カツオ「そんなタマを置いては!」

中島「磯野行こう! タマならきっと負けない!」

タマ「そういうこった 早く行きな」


45: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:31:31 ID:j0L

タラオ「カツオ兄ちゃーん 早く乗るでーす」

カツオ「わかった!」(タマ死ぬんじゃないぞ)

中島「タラちゃん!磯野家まで頼む!」

タラオ「わかったでーす」

タラオ「しっかり掴まってるでーす」

花沢「タラちゃんの能力疾風迅雷は三輪車を
マッハ7キロでこげる能力よ」

タラオ「いっくでーす」


47: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:37:57 ID:j0L



カツオ「早くあいつの存在をみんなに伝えなけば」

山田「ははは行かせないじょー」シャーシャー

中島「あれはローラースルーゴーゴー!」

花沢「敵の能力者ね」

山田「おいらの能力はまじのローラースルーゴーゴー
(ジェットx)もマッハ7で走れるじょー」

タラオ「カツオ兄ちゃん!僕のポッケにマシンガンが
入っているので迎撃してくださーい」


49: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:40:58 ID:j0L

カツオ「わかったよ!タラちゃん」ズダダダダダ

山田「そんなの全部避けるじょー」ヒュンヒュン

中島「なんてドラテクだ」

タラオ「中島さん 手榴弾もあるので投げて欲しいでーす」

中島「えい!」

山田


50: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:46:02 ID:j0L

山田「くすぐったいじょー」

花沢「あいつおかしいわ!」

堀川「お兄さん助けに来ました!」シュタタタタ

中島「三輪車と並走してやがる!」

堀川「僕競歩の選手なんですよ」

中島「なーんだ」

堀川「僕の能力 重火器精製(エルフレイム)なら奴を倒せますよ!」

カツオ「手榴弾も効かないのにどうするって言うんだ?」

堀川「核を使います」

花沢「それなら流石のあいつも倒せる」


53: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:49:30 ID:j0L

堀川「死ねぇぇぇぇぇ」ドカーン

山田「ダジョォォォォォォ」

カツオ「終わった・・」

中島「それより
なぜワカメちゃんのa級私兵堀川がここに?」

ワカメ「ワカメちゃんに言われたんです
お兄ちゃんを助けてあげてって」

花沢「まったく泣かせるじゃない!」

そんなこんなで磯野家へ


56: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:54:50 ID:j0L

磯野家

カツオ「父さん!」

波平「戸川にあったそうだな」

カツオ「そうなんだよ! てなんでしってるの?」

波平「ノリスケをタマのアナルに忍ばせおいたのじゃ」

ノリスケ「やぁカツオくん!僕の能力深海魚(アナルダイバー)も割と使えるだろ」

中島「それよりタマは無事なんですか!?」

タマ「無事だぜ 右のヒゲを失っちまったがな」

タマ「ギリギリ逃げ切った もう二度と戦場には
立てないがな」


57: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)16:59:29 ID:j0L

カツオ「生きてた だけで嬉しいよ!」

タマ「テヤンデェ」

マスオ「カツオくん 君が尖兵と戦ってる間に
ちびまる子の奴らにカモメ小学校を占拠されちゃった
んだ」

花沢「そんなあたし達の学校が?!」

波平「左様 今作戦会議中じゃ」

カツオ「僕も参加するよ 中島も花沢さんもゆっくり
休んでくれ」

中島「おう 来るべき戦いに備えて英気を養うぜ」


60: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:05:49 ID:j0L

円卓の間

波平「今のところサザエの全員で私兵を連れ
カモメ小学校を包囲する作戦が出とるが」

マスオ「なるほどでも探知型の義母さんは円卓の間に
残ったほうがいいんじゃないですか?」

フネ「お気遣いなさらずに若い人にはまだまだ
負けませんよ」

波平「左様」

カツオ「僕も姉さんの作戦に賛成だよ」

ワカメ「私も」

タラオ「僕もでーす」


62: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:14:33 ID:j0L

波平「まず選抜隊はワカメとカツオとその私兵に行ってもらう」

カツオ ワカメ 「はい!」

波平「 サザエとマスオくんは私兵を連れ東へ」

波平「ワシと母さんとタラちゃんは西へ」

波平「生きてカモメ小学校で会おう!」

全員「おう」




63: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:22:05 ID:j0L

カツオ「僕の私兵は花沢さんと中島 ワカメは?」

ワカメ「私は堀川くんだけよ」

堀川「僕の能力は多人数を相手にするのにちょうど
いいんで一人で十分なんですよ」

ワカメ「別に友達がいないわけじゃないのよ」

中島「わ、わかってるよ」

花沢「そろそろ行きましょう
隊列はどうする?」

カツオ「先頭に中島その後ろにワカメと堀川くんその後ろに花沢さん 一番後ろが僕で行こう」

中島「それが無難だな」


64: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:26:57 ID:j0L

商店街

花沢「敵の気配! みんな気をつけて」

永沢「よくぼくらに気がついたね」

藤木「本当だね」

中島「唇が青いのは俺が殺る」

堀川「じゃあ僕は玉ねぎをやらせてもらいます」

永沢「一体一かいいよ」

藤木「僕も全然構わないよ」

藤木vs中島 開始


66: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:42:07 ID:j0L

藤木「僕の能力冷たい唇(ブルーリップ)-100度の冷気
を口から吐き出すのさ」

中島「大した能力じゃないな せいぜいc級だな」

藤木「c級をなめるなー」ハァー

中島「おっと」

藤木「オラオラ~」ハァー

中島「遅い遅い」 スパッ

藤木「グヘェ な・・・がさわく・・ん」

中島「いっちょ上がり」

カツオ「流石中島」

花沢「磯野の私兵最強なだけあるわ」

永沢「くそ!使えない奴め」






67: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:47:15 ID:j0L

堀川「よそ見しないでください」スガガガガガ

永沢「バルカンか厄介だな」

堀川「オラオラ」スガガガガ

堀川「弾切れか!いや違う
銃口に玉ねぎが詰まっている!」

永沢「これが僕の能力無限のタマネギ(インフィニティオニオン)の力さ」

堀川「次の銃を精製すれば!」

堀川「死ね!」カチッカチッ

永沢「無駄さ」


69: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:52:17 ID:j0L

堀川「これならどうかな」スチャ

永沢「なんだそれは?」

堀川「火炎放射器さ」にや

永沢「え・・・」

堀川「ファイヤーぁぁぁぁぁ」

永沢「うわぁぁぁぁぁ火事だぁぁぁぁ」

堀川「焼きタマネギの完成さ」

中島「二人とも大した実力はなかったな」

花沢「おそらく彼らも人口の能力者・・」

カツオ「きびしい戦いになりそうだ・・」


71: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)17:58:21 ID:j0L

カモメ小学校

まる子「どうやら永沢と藤木がやられたらしいね」

丸尾「ズバリ永沢君達はできそこないでしょう」

花輪「ベイビー 君がもっとしっかり研究したらいいんじゃないかい?」

丸尾「ズバリ失敗は成功の元でしょう」

まる子「次は誰を送ろうかねぇ」

タマちゃん「小杉とかいいんじゃないか?」

丸尾「ズバリ小杉は最高傑作の人口能力者でしょう!」

戸川「今の小杉なら磯野家を全員葬るくらいわけ
ないでしょう」

まる子「じゃあ小杉あんたに任せたよ」

小杉「・・・・・・おう」


73: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)18:04:43 ID:j0L

カモメ小学校

カツオ「ついにたどりついたね」

中島「ああ、僕らの役目は敵陣で思いっきり暴れて
かく乱すること」

花沢「ええ!探知は任せて」

カツオ「突入だ!」

カモメ小学校1f

咲子「よくきたわね ここから先へ行きたかったら
私を倒しなさい」

ワカメ「お兄ちゃんここは私に任せて先に行って
この人とはサシでやりたいの」

カツオ「・・・・わかった 絶対勝てよ」

ワカメ「あたりまえじゃない」




74: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)18:06:56 ID:j0L

堀川「お兄さん!早く二階へ」

カツオ「うん!」

咲子「あら?仲間に置いていかれちゃったみたいねぇ」

ワカメ「あんたぐらい私一人で十分てことよ」

咲子「へぇ面白い戦いになりそうね」

ワカメvs咲子


76: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)18:11:37 ID:j0L

カモメ小学校2f

ひろし「よぉお前らここにきたってことは
お姉ちゃんはやられたのか?」

中島「さぁな」

堀川「今から死ぬ人には教える筋合いは
ないです」

中島「磯野!こいつは俺と堀川で倒す!
上へいけ!」

堀川「早く!」

花沢「行きましょう!」

カツオ「わかった!」

中島and堀川vsひろし


77: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)18:16:11 ID:j0L

カモメ小学校 3f

小杉「うぉぉぉぉぉお前を食わせろぉぉぉ」

カツオ「うわっ!」 ヒョイ

花沢「磯野くん!」

カツオ「大丈夫」

小杉「糞ぉ避けるなよぉ」バリバリ

カツオ「こいつ壁を食ってやがる」

カツオandハナザーvs小杉


78: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)18:24:38 ID:j0L

カモメ小学校内で三つの戦いが進む中 マスオ達は

マスオ「うーん そろそろカモメ小学校だねぇ」

アナゴ「ここまで敵がこないなんて変じゃないかい?
フゥグタクゥン」

サザエ「確かにおかしいわねぇ サブちゃんどう思う?」

サブロウ「ノーパンは冷えるっす」

サザエ「もーパンツ履きなさいよぉ」

サブロウ「それが風に飛ばされちゃって」

サザエ「まったくサブちゃんはしょうがない
わねぇ」

タイコ「サザエさん カモメ小学校までの経路に
敵はいないみたいです」




79: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)18:25:48 ID:j0L

サザエ「流石タイコさん」

マスオ「じゃあみんな突入と行こうか!」

全員「おー」

その頃 波平達は


80: 名無しさん@おーぷん 2015/10/13(火)18:28:33 ID:j0L

波平「おかしい 行く歩いてもカモメ小学校につかん」

イササカ「これは幻覚を見せるタイプの能力かも
知れませんなぁ」

オカル「それだと少しやっかいですね」

フネ「さっきから探知してるんですが
まったく人の反応がしないんですよ」

波平「これは少々手こずるかもしれぬぞ」

タラオ「頑張るでーす」


94: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)03:16:54 ID:OL8

タラオ「僕の第二の能力を解放するでーす」

フネ「それしかなさそうですね」

波平「左様」

タラオ「僕の第二の能力 超進化でーす」

イササカ「この能力はタラちゃんの肉体を
一時的に12歳の物に仕上げる能力!」

タラオ「使うとしばらく動けないのが難点だがなぁ」

オカル「タラちゃん すごい筋肉ねぇ」

タラオ「まぁな 能力者のにおいがこっちからするぜ
仕留めてくるからちょっと待ってな」

タラオはマッハ7で走り出した


95: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)03:20:58 ID:OL8

こたけ「へっへっへ私の能力に一生閉じ込めてやるよ」

タラオ「見つけた!!」

こたけ「なにぃ!」

タラオ「オラァ!」ズガン

タラオの右ストレートがこたけの心臓をぶち抜いた

こたけ「ぐふぅ」

タラオ「お前の敗因はただ一つうちのおばあちゃんと
キャラが被っているということさ」

タラオ「さて戻るか」シュタタタタ


96: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)03:24:51 ID:OL8

波平「幻覚が解けたようじゃ」

フネ「タラちゃんがやってくれたようですね」

タラオ「戻ったでーす」

波平「よくやったぞ!タラちゃん」

タラオ「疲れたので眠らせてくださーい」

オカル「ゆっくり休みなさい」

こうして波平達もカモメ小学校にたどりついた


97: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)03:40:09 ID:OL8

カモメ小学校 1f

咲子「おりやぁぁぁぁ」

ワカメ「ハァァァァァ!」

ワカメと咲子の激しい打ち合いが始まっていた

ワカメ「私の不敗の剣(クラウ=ソラス)止めるなんて
中々やるわね」

咲子「こんなの楽勝よ」ガキン!

咲子は槍で受け止める

ワカメ「ほらほらどうしたの?」

咲子「わたしの禁忌の槍(魔槍ヒデキ)がまったく
通用しない!?」

ワカメ「私は近接戦闘において磯野で3本の指にはいるのよ」

咲子「そんな・・」

ワカメ「じゃあそろそろとどめにしてあげる」

ワカメの頬を弾丸がかすめる

ワカメ「チッ!スナイパーか」

咲子「よしこさん!助けにきてくれたのね!」

ワカメ「(やばい スナイパーの攻撃を避けながら
こいつ倒すのは難しいよ)」

サザエ「ワカメ 助けに来たわ!」


98: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)03:48:01 ID:OL8

ワカメ「お姉ちゃん!」

マスオ「大丈夫かい?ワカメちゃん」

ワカメ「大丈夫よ それよりスナイパーがいるわ!
気をつけて」

咲子「よそ見してるとは随分余裕ねぇ!」ガキン!

ワカメ「ふっ!」ガキン!

サザエ「タイコさん 探知を頼むは」

タイコ「わかりました 万能赤子(イクラサーチ)」

イクラ「ちゃーん」

タイコ「イクラ敵の位置は?」

イクラ「はーい」

タイコ「サザエさん! あそこの掃除ロッカーの
中です!」


99: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)03:53:27 ID:OL8

よしこ「見つかった! 」

アナゴ「フン!」

よしこ「ガハッ!」

アナゴ「腹パンで気絶させておいたよ」

マスオ「ナイスだよ アナゴ君!」

ワカメ「どうする?まだ続けるの?」

咲子「こうなったら・・うぉぉぉぉぉ」抱き!

ワカメ「離して!何をする気!?」

咲子「桜家に栄光あれぇぇぇぇ」ドカーン

サブロウ「あいつ!自爆しやがった」

サザエ「ワカメ!」


101: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)03:59:14 ID:OL8

ワカメ「私は無事よ 全身ボロボロで
しばらく戦えそうにないけど」

サザエ「いいのよ!よく頑張ったわ」

タイコ「サザエさん私が残ってワカメちゃんを
治療します」

マスオ「敵がきたらマズイからねぇ
僕も残るよ」

サザエ「わかったわ」

マスオ「アナゴ君 妻を頼んだよ」

アナゴ「まかせたまえ フゥグタクゥン」

サブロウ「サザエさん!急ぎましょう」

サザエ「そうね!タイコさんワカメは任せたわ」

サザエ達は2fへ向かった


107: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)10:08:47 ID:OL8

カモメ小学校 2f

ひろし「なんだ 大したことないじゃないか」

中島「クソゥ」

堀川「この人強い・・・」

サザエ「中島君!」

中島「磯野のねーさん!」

サブロウ「大丈夫かい?中島君?
モナカ食べるかい?」

中島「サブロウさん・・・・・
生きていたんですね」

サブロウ「え、うん ノーパンなのは
気にしないでね」

ひろし「ぞろぞろ来やがったな」

サブロウ「サザエさん!アナゴさん!ここは僕に任せてください」

アナゴ「サブロウクゥン」

サブロウ「早くカツオ君の所へ行ってください!」

サザエ「わかったわ サブちゃん!」


109: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)10:16:11 ID:OL8

ひろし「誰が来ようと俺の酔拳(アルコールファイター)には勝てねぇよ)

サブロウ「これ僕の店の酒なんですけど
よかったらどうぞ」

ひろし「おっ気がきくじゃねぇか」ゴクゴク

サブロウ「ニヤッ」

ひろし「グハァ!」

サブロウ「その酒はアルコール度数 100億度さ
お前はもう死んでいる・・・」

ひろし「あ、あ、あべし」

堀川「すごい 能力を使わずにアイツを・・・」

中島「流石知将のサブ・・・・」

サブ「さあ治療を終えたら僕らも
三階へ行くよ モナカ食べるかい?」


110: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)10:23:49 ID:OL8

3f

小杉「うぉぉぉぉぉもっと食わせろぉぉ」

カツオ「日曜6時30分の剣(イソノカリバー)ァァァァ」ビーム

小杉「ウメェウメェ」パクパク

カツオ「こいつ!剣撃を食って吸収しやがった」

花沢「しかも巨大化してる」

サザエ「苦戦している みたいね カツオ!」

カツオ「姉さん!」

アナゴ「どうやら攻撃を吸収する相手みたいだねぇ」

アナゴ「ここは俺の出番かな」

カツオ「アナゴさん!」

小杉「うぉぉぉぉぉもっと食わせろぉぉぉ」


112: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)10:47:05 ID:OL8

アナゴ「僕の能力をくらいな!
愛するフグ田君(アイラブマスオ)」 バン!パン!

カツオ「すごい量のマスオさんの
形をした衝撃波が敵に!」

小杉「全部食いきってやるぜぇぇぇぇ」

アナゴ「まだまだ行くよぉ!
そらそら!」バンバン

小杉「うおぉまだ・・・まだ食えるぞ・・・」

アナゴ「そらそら!」バンバン

小杉「あ、あ苦しぃぃぃぃ」ドカーン

花沢「はじけ飛んだ!」

アナゴ「ふぅ ほぼ全て体力を使ってしまったよ」

アナゴ「しばらくは動けないねぇ」

花沢「アナゴさんは私が見ているわ!
磯野君とお姉さんは上へ!」

サザエ「わかったわ!」


113: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)10:56:40 ID:OL8

屋上

丸尾「ズバリよく来たでしょう!」

カツオ「ああ、ぶっ倒しにきてやったぜ」

まる子「まったくサザエの連中は血の気が
多くてこまるねぇ」

花輪「ベイビー 本当だね」

サザエ「ごたくはいいわ さっさと始めましょう」

まる子「ちょっと待ちな 提案があるんだ」

カツオ「提案?」

花輪「僕らの生き残りと君たちの選抜メンバーで
5対5の決闘をしようじゃないか」

サザエ「いいでしょう」

カツオ「僕は姉さんに従うよ」

まる子「決まりだね 場所は一ヶ月後に
カモメ小学校グランドで勝った方が
日曜に1時間枠になるって言うことで」

カツオ「わかった」

丸尾「ズバリ 一ヶ月後にまた会うでしょう」 シュ

カツオ「消えた!」


116: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:00:34 ID:OL8

サザエ「あいつらかなりの実力者ね・・・」

波平「おーい サザエ無事かー」

カツオ「父さん達だ!」

波平「なにがあったのだ?」

サザエ「実はカクカクシカジカで」

波平「なるほど」

フネ「これは急いでメンバー決めませんと」

負傷者を回収しつつ磯野家へ


119: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:08:16 ID:OL8

磯野家 円卓の間

波平「メンバーはこれで行こうと思う」

大将 波平
副将 サザエ
中堅 カツオ
次鋒 マスオ
先鋒 中島

波平「どうだろうか?」

カツオ「うん いま戦えるベストメンバーが
そろってるしいいと思う」

サザエ「私も賛成よ」

マスオ「僕もです」

中島「ちょっと待ってください!
僕よりサブちゃんの方が!」

波平「サブロウ君はさっき本場でモナカ作りを
学ぶとイギリスに旅立ったのじゃ」

中島「なるほど」


120: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:12:06 ID:OL8

波平「それとカツオお前には恐山で修行をして
もらう」

カツオ「うん 僕もっと強くなりたいから行くよ!」

波平「左様」

カツオ「じゃあ早速向かいます!」

カツオはローラースケートにはき替えると家を飛び出した

中島「僕も修行に行かせてもらいます」

サザエ「あら?中島君はどこへ?」

中島「北海道です」

中島もローラースケートにはき替えると家を飛び出した


122: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:17:10 ID:OL8

恐山

カツオ「うーん 師匠は麓にいるって言ってたんだけどなぁ」

裏のおじいちゃん「カツオくーん こっちじゃー」

カツオ「裏のおじいちゃん! おじいちゃんが
師匠なの?」

裏じい「その通りじゃ 早速始めよう」

恐山 山頂

裏じい「今からここで全裸で56時間 カマボコをきってもらう」

カツオ「それはなにが意味があるんですか!」

裏じい「すればわかる!」

カツオ「トホホ」スパッ!スパッ!


124: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:25:14 ID:OL8

北海道

先生「よく来たな 中島」

中島「先生!僕を鍛えてください」

先生「よかろう!」

先生「まずは山奥に入って熊を狩れるだけ
狩ってくるのじゃ!」

中島「はい!」

2日後北海道の熊は全滅した

58時間後 恐山

覚醒カツオ「いまなら誰にも負けはしない」

裏じい「次は新技の開発じゃ」


125: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:36:20 ID:OL8

裏じい「次は全裸で56時間ナルトを切り続けるのじゃ」

カツオ「はい!」スパ スパン

裏じい「(今のカツオ君はs級は愚かss級にも届くかもしれん実力じゃ)」

北海道

超中島「終わりました!」

先生「よし!次は鹿を狩れるだけ狩ってこい!」

中島「はい!」

先生「(中島はこの修行を終えれば刈り取る者として
数段ランクアップできるだろう)」

中島「いくぜぇぇぇ」

4日後北海道の鹿が絶滅した



127: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:40:59 ID:OL8

58時間後

カツオ「終わりました」

裏じい「よし修行は終わりじゃ」

杉山「なら安心してぶっ殺せるなぁ!」

裏じい「なんじゃ!お前は!」

カツオ「ちびまる子の奴! 決闘までは
手は出さないんじゃ なかったのか!」

杉山「そんなの上の奴が勝手に決めただけだ
俺には関係ない」

カツオ「なんて奴だ・・・」

杉山「さぁ!始めようぜ 俺の稲妻の剣(サンダーブレードでぶった切ってやるよ」


128: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)11:48:43 ID:OL8

杉山「おら!」ザキ

杉山の斬撃がカツオを襲う

カツオ「僕の第二の能力 日曜皇帝のマント(エンペラーコート)」

杉山「攻撃が効かない!?」

カツオ「とどめだ! イソノカリバーァァァァ」

杉山「うぎゃぁぁぁぁ」

カツオ「この力があれば決闘も勝てる!」

北海道

中島「終わりました」

先生「うむ もう教えることはない!」

中島「ありがとうございます」

大野「修行終わったところ悪いが
死んでくれないか?」

中島「お前はちびまる子の奴か!」

大野「ああ、その首もらうぜ!」

中島「それはこっちのセリフだ!」


133: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)14:26:28 ID:OL8

大野「オラ!」シュン

中島「おっと サッカーボールか!」

大野「よく見切れだな 俺の能力超次元サッカー(イナズマイレブン)を!」

中島「(おそらくサッカーボールはマッハ7はでている・・・」

大野「おら!まだまだいくぜ!」

中島「修行で得た力・・・
第二の能力! 双月の鎌(ツーシックル)」

大野「な!二本だと!」

中島は一本目の鎌でボールを落とすと高速で大野の
背後を取った

中島「もらったぁぁぁぁぁ」

大野「アッー」

中島「大したことなかったな」

先生「(今の能力者はパッとみてa級はあった
中島の奴とんでもない成長をしたようだ)」


134: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)14:29:07 ID:OL8

中島「先生!僕そろそろ戻ります!」

先生「ああ、気をつけてな」

中島はローラースケートを履くと北海道の海に消えて
行った

恐山

カツオ「僕そろそろ戻ります」

裏じい「波平さんによろしく頼むよ」

カツオ「ハイ!」

カツオもローラースケートを履くと高速道路へと
消えて行った


135: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)14:36:12 ID:OL8

磯野家 円卓の間

カツオ「ただいま!」

中島「僕も戻りました」

タラオ「おかえりなさいですぅ」ムキムキ

カツオ「どうしたのタラちゃん!そんなに
筋骨隆々になって」

タラオ「おじいちゃんが特訓の為に買ってきた
腹筋ワンダーコアを試したらこうなったですぅ」

波平「左様」ムキムキ

カツオ「ひえー 父さんまで」

中島「これは一週間後の決闘に
勝ったも当然だな」

波平「左様」

フネ「おかえりカツオ 決闘までの一週間ゆっくり休みなさい」

サザエ「修行のしすぎもよくないですもんね」


136: 名無しさん@おーぷん 2015/10/14(水)14:43:00 ID:OL8

カツオ「わかった ゆっくり休むよ」

サザエ「さぁ!みんな今夜はすき焼きよー」

タラオ「やったでーす」



マスオ「ええーちびまる子の奴らと5対5の決闘をするって言うのかい?」に続く






マスオ「ええーちびまる子の奴らが攻めてきたって言うのかい!?」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1444717870/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。