スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーベルシネマティックユニバースの俺的おすすめランキングを発表してゆく!

1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:04:48 ID:hqA

異論はもちろん認める
本来は時系列ですべて見るのが一番だけれど、時間がない、もしくはとりあえず特におすすめの作品から見極めたいという人の参考になると嬉しい

引用元:open2ch
3: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:05:57 ID:hqA

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)とは、『アイアンマン』から始まる一連のマーベルスタジオ制作映画が共有する世界のこと。
日本では”アベンジャーズ・プロジェクト”と呼ばれることが多い。
要するに、出版社が同じなら別作品も基本的につながっているアメコミの特徴を実写でもやってみたという結構トンデモな企画。
すべての作品が設定や伏線で綿密に繋がっていて、先に公開した『アベンジャーズ』は一口に単発のお祭りイベントではなく、これらの集大成といえる。


それではランキングに移ります。あくまで個人の評価です。


4: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:06:57 ID:hqA

第11位『マイティ・ソー ダーク・ワールド』

 ”ソー”シリーズの第二弾。かつて世界を闇で支配したダークエルフの復活と、彼らが求める強大な力を宿す石”エーテル”の争奪戦を描いた作品。
タイトルの印象に反して、非常にコメディ色が強い。悲劇的なシーンもいくつかあるがそれ以上に笑いをとりにくる場面が多く、最終決戦すらギャグてんこ盛りなのでそこらへんは評価が分かれる。
幾度となく敵対したソーの義弟ロキが味方になるのも見どころの一つで、久しぶりに兄上と外を歩けたときのはしゃぎっぷりがかわいい。

おすすめ度 ☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆


5: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:09:40 ID:hqA

第10位『インクレディブル・ハルク』

 人体実験の失敗により心拍数が上がると無敵の巨人”ハルク”に変身してしまう身体となった天才科学者ブルース・バナーの逃亡劇。
 今のところMCU唯一の”ハルク”単独作品。過去に公開された映画『ハルク』とは一切関係ないがある意味反面教師としているようにも見受けられ、
ドラマ性を重視しすぎたとされる過去作と比べて展開がスピーディ。ハルク誕生の瞬間を直接描写しないなど、無駄をそぎ落とした内容となっていて純粋に面白い。
 かといってドラマ性もちゃんとあり、後の作品でも描写されるバナー博士の苦悩の原点がわかるつくりになっている。
 有名な話だが、本作の主演であるエドワード・ノートンは後に降板し、『アベンジャーズ』以降はマーク・ラファロがブルース・バナーを演じている。
これはノートンの協調性に問題があることを考慮したからだと言われている。

おすすめ度 ☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆☆☆


6: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:11:27 ID:hqA

第9位『アイアンマン2』

 ”アイアンマン”シリーズ第二弾。埋め込んだアークリアクター(アイアンマンの動力源)の副作用によって身体が蝕まれていくトニー・スターク(アイアンマン)の苦悩と試行錯誤、
トニーのライバルを自負する実業家ジャスティン・ハマー及びスターク社に恨みを持つロシア人エンジニア・ウィップラッシュとの対決を描く。
『アベンジャーズ』への伏線、前振りが非常に多く、単体作品として特筆すべきところは多くないが、まとまっていないわけではなく、エンターテイメントとしては十二分に及第点。
メカニックが好きな人ならもっと順位が上がるかも。
ブラックウィドウ初登場。宣伝では敵のように扱われていたがそんなことはなかったぜ!

おすすめ度 ☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆


7: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:14:04 ID:hqA

第8位『キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー』

 ”キャプテン・アメリカ”シリーズ第一弾。本編の時系列は最も古く、第二次世界大戦真っ只中が舞台。
 誰よりも優しく高潔な精神と愛国心を持つが、身体がひ弱で志願を断られ続けるスティーブ・ロジャース少年が、”超人兵士計画”によって最高の肉体を手に入れ、
"キャプテン・アメリカ”としてナチスの系列組織”ヒドラ(ハイドラ)”の陰謀に立ち向かう。
 他のヒーローと違い特殊な超能力を持たないことを揶揄されることの多いキャップだが、一瞬も迷わず他人のために自分の身体を手榴弾の盾にするなど、
この作品では彼の精神の高潔さ、特に自己犠牲の精神をうかがい知ることができ、いかにして彼がカリスマとなったのか納得できる作りとなっている。
 話や画面は若干暗めかつ地味めだが、戦時中のわりにオカルト要素が話の根幹にあり、インディ・ジョーンズのような雰囲気も全編に漂っている。
 有名(?)な”国債を買おう!”ダンスが見られるのもこの作品。
 エーテルと同じインフィニティ・ストーンである”テッセラクト(コズミック・キューブ)”について扱われており『マイティ・ソー』と共に『アベンジャーズ』の予習に最適。

おすすめ度 ☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆☆☆☆


9: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:22:58 ID:Vnr

なぜ11からなのか


10: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:26:06 ID:hqA

作品数がそれだけしかないからだよw
一応書き溜めたけど需要なさそうね


13: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:35:48 ID:hqA

第7位 『マイティ・ソー』

”マイティ・ソー”シリーズ第一弾。MCUではじめて地球外の世界、魔法、神についてが扱われたファンタジーであり、
科学をベースにした”アイアンマン””ハルク”とは一線を画すと同時に世界観が飛躍的に広がったターニングポイント。
地球から遠く離れた次元にある、北欧神話のモデルになった種族が住む世界”アスガルド”の王子ソーが、その傲慢さゆえに父親の主神・オーディンによってミッドガルド(地球)に追放され、
やがて心の成長を遂げて力を取り戻し、義弟ロキの陰謀に立ち向かう。
コメディ色も強いが、シリアスに関しても抑えるところはしっかり抑えており、特に終盤におけるロキの持つ義兄へのコンプレックスの爆発と、成長したソーが下した苦渋の決断は凄まじいカタルシスを持つ。
『アベンジャーズ』以降は”笑いの神”とイジられまくりのロキだが、その哀しい生い立ちと行動原理が語られ、本作を見るか見ないかで彼の印象がだいぶ変わってくる。
またフェーズ1(『アイアンマン』~『アベンジャーズ』までの6作品)で起きたすべての事件の元凶も本作でわかる。
監督がケネス・ブラナーということもあって雰囲気が若干舞台っぽい。浅野忠信が出ている。ホークアイもちょっと出る。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆☆☆☆


15: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:50:20 ID:hqA

第6位 『アイアンマン3』

”アイアンマン”シリーズ第三弾にして一応の完結編。『アベンジャーズ』での宇宙人の襲来がトラウマとなり、パワードスーツ依存症とも言える状態に陥ったトニー・スタークと、
謎の組織AIMやカリスマ的なテロリスト・マンダリンとの対決を通して、”アイアンマンとは何か”が描かれる。その答えはラストに明言される。
過去作と比べて、トニーがスーツを直接着込まずに戦うシーンが多く、まさにトニー・スタークの物語になっているのがミソ。
心的外傷ストレスの描写はリアルだが、作品のテイスト自体は基本的に明るい。
原作ファンには賛否両論のどんでん返しもあるが、全体としては完結に相応しい一級品のエンターテイメントに仕上がっている。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆


16: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:54:09 ID:hqA

第5位 『アベンジャーズ』

満を持して実現したMCUの集大成にして映画史上に残る一大企画。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラックウィドウ、ホークアイが一堂に会して戦う。
監督・脚本はあのトイ・ストーリーの脚本も担当したジョス・ウェドン。
義兄ソーへの復讐を誓い、彼の愛する地球を支配すべく動き出したロキと、それぞれが異なる能力と信念を持ったヒーローチーム”アベンジャーズ”との全面対決を描く。
早々に敵に心を操られてしまうホークアイが少しだけ劣る以外は、全ヒーローがほぼ均等に見せ場を与えられ、誰が主役ともいえる作品となっている。
また、単なるお祭りイベントではなく、それぞれの単体作品で描かれてきたテーマや課題が引き継がれており、
外宇宙の脅威に接触したアイアンマンの不安、現代社会に目覚めてしまったキャップの苦悩、義弟ロキと戦わなければならないソーの葛藤などは、
その後の映画にも繋がってゆく。
つまり”アイアンマン2.5”とも”マイティ・ソー0.5”とも”キャプテン・アメリカ0.5”とも見れる作りになっており、
また、ハルクにとっては自分と同じような怪物たちと出会うことで事故後はじめて居場所と仲間を手に入れ報われる物語でもある。
脚本は仲違いと再結集からの協力を軸にした非常にシンプルなものだが、だからこそ全ヒーローそれぞれのドラマのカタルシスと王道の相乗効果が生み出す”燃え”はハンパではない。
特にニューヨーク決戦におけるロングショットは見もの。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆☆


17: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)02:57:55 ID:Vnr

前半がだるいのとエイジオブウルトロンのアクションを見た後だとやや物足りない以外傑作だな


>>17 たしかに最初の方はけっこうウダウダするね


18: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:00:43 ID:hqA

第4位 『アイアンマン』

記念すべきMCU一作目にして”アイアンマン”シリーズ第一弾。死の商人でもある天才発明家トニー・スタークが、自社の兵器が運用される顛末を間近で目にして改心し、
自身の発明したハイテクパワードスーツに身を包み、ヒーローして目覚める。
旧『スパイダーマン』三部作や『Xメン』で築かれた土壌、傑作『ダークナイト』の影響によって暗い雰囲気の作品が幅を利かせていた当時のアメコミ映画界に対し、
どこ吹く風とばかりに明るくテンションの高い作風で切り込み、メガヒットを飛ばした。
また名優ロバート・ダウニーJr.を起用した点も大きく、彼の演じるトニー・スタークは世紀の当たり役となった。
まだ未知数だったMCU黎明期に自信と勢い、そして方向性を決定づけた快作。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆☆☆☆☆☆


19: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:03:56 ID:hqA

第3位 『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』

我が国ではついこの間公開したばかりの最新作。トニー・スタークの開発した平和維持プログラム”ウルトロン”が世界平和を拡大解釈して暴走し、アベンジャーズと対決する。
アクション、脚本ともに前作より確実に洗練され、少しテレビっぽい軽い雰囲気のあった前作と比べより”映画感”のある仕上がりとなっている。
心理描写もより深く探求され、武器商人としの闇を抱え続けるアイアンマン、失われた”ホーム”を求め続けるキャップの苦悩、ブラックウィドウの過去など、ホークアイとソー以外の全員がある種のダークサイドを見せる。
代わりにホークアイは前作の汚名返上とばかりに真の主役ばりの大活躍を展開し、ソーには重大な役目が二つ与えられている。
画作りも話も暗めだが、ユーモアもふんだんに盛り込まれている。
前作がどの層にもウケる純粋なエンターテイメントだったのに対して、本作はそれを満たした上でマニア気質な見方をしている人の方がより楽しめる作りになっており、そこらへんが賛否両論が分かれる理由と思われる。
ビジョンの登場によりビジュアル的にも吹っ切れており、以降のMCUが一般的な映画からまさに「アメコミの映画化」にシフトしていく匂いを感じさせる。
一見さんが観賞しても十分面白いが、今までの作品をすべて網羅してきたファンにとっては間違いなく大傑作。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆


20: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:06:11 ID:3fl

アベンジャーズに混じれないとなんたらユニバースって事にはならんの


>>20 なりますよ!映画『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』
ドラマ『エージェント・オブ・シールド』『デアデビル』は
アベンジャーズに所属していませんがMCUです


22: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:09:00 ID:Mq6

確かに強大で数も多いチタウリだったけどトニーがあんなにビビってたのはイマイチピンとこなかったんだよなー
原作がそうだったら仕方ないんだけど


23: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:11:14 ID:Vnr

チタウリじゃなくて核ミサイル捨てる時に見た巨大宇宙船にビビったんじゃないの?


>>23
全部含めてチタウリで


31: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:20:10 ID:hqA

一つ訂正。よく考えたら本国ではアイアンマンの方がダークナイトよりほんの少しだけ公開が先だ。ごめん。
でもそういう雰囲気があったとは思うんだ。


32: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:21:36 ID:hqA

第2位 『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

”キャプテン・アメリカ”シリーズ第二弾。謎の暗殺者ウィンター・ソルジャーの暗躍、キャップやブラックウィドウの所属する国際平和維持組織シールドの水面下で進む陰謀を追ったポリティカル・スリラー。
敵も味方も特殊能力者や宇宙人はまったく登場しないが、だからこそ人間を中心とした現実的な問題提起とドラマ、骨太の生身アクションを楽しむことができ、エンターテイメンとして超一級品。
世界情勢に照らし合わせたシリアスなメッセージ性とアクションヒーロー映画としてのバランスが理想的で、どのような見方をしても楽しめる。
『大統領の陰謀』で主演した名優ロバート・レッドフォードをこういう社会的なテーマを持つ作品に出したのも憎い。
キャップの絶妙な”人間がギリギリできるかもしれない”アクションのハデさと、前作ではショッカーのような存在だったヒドラ(ハイドラ)の一気にリアルに寄った恐ろしさによって、
MCUの”常人”側のポテンシャルを底上げした作品でもある。
また、ネタバレになるが終盤にこのシリーズに限らずMCU全体に関わる重大な事件が起こるので、少なくとも『エイジ・オブ・ウルトロン』を見る前にはチェックしておきたい。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆☆


>>32
吹き替えさえまともならもっと良かった


36: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:28:10 ID:hqA

じゃあ番外編ということで権利の話をしましょう。僕も雑誌などからの受け売りですが。

マーベルコミックスは今でこそ一大ムーブメントを巻き起こしておりますが、昔はお金がなく、
X-メン、ファンタスティック・フォーの映像化権利は20世紀FOX社に、スパイダーマンの映像化権利はSONYに売ってしまったのです。
MCUの作品はすべてマーベルスタジオというマーベルコミックス自身が立ち上げたスタジオで制作されており、
FOXやSONYで映像化された作品はMCUとは無関係なのです。
しかし、X―メンやスパイダーマンのヒットによってアメコミ映画化の土壌やノウハウが築かれ、
満を持してアベンジャーズを映像化することができたの事実であり、権利を売ったことが必ずしも間違った選択だったとは言えません。

スパイダーマンに関しては、SONYがマーベルスタジオと業務提携を発表し、次のリメイク後から共演できるようになりました。


39: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:56:26 ID:3fl

へえスパイダーマンが次から出れるのって業務提携なんだ


40: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:58:00 ID:hqA

第一位 『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』

 幼い頃宇宙にさらわれたピーター・クイル(スターロード)と仲間たちの冒険活劇。
とにかくこの映画はセンスの塊としかいいようがない。冒頭からガッチリ心を掴まれ、最後まではなされない。
 愛・友情・冒険・ロマンすべてがつまっており、一つもはずさない。
 スターロードの持つウォークマンから流れる80年代を中心としたソウルウルな楽曲たちが外宇宙で流れるアンバランスさは、
そのまま広い宇宙で一人ぼっちの彼の孤独な境遇を代弁しており、それでも性格自体は底抜けに明るい彼がアウトローな仲間たちを得て超王道な展開を繰り広げるそれ自体に涙がでてくる。
誰もが一度は感じた少年のころの憧れやせつなさを思い出せる、そんな大傑作。
多くは語るまい、見てください。

おおすめ度 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
はじめに見るべき ☆☆☆☆☆☆


41: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)03:59:02 ID:hqA

お粗末なランキングをここまで見てもらってありがとうございました。
あとはよければ適当にアメコミ映画の雑談をしましょう。


42: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:03:30 ID:Vnr

インフィニティウォーはどんな話になるんだろう
ガントレットはサノスに渡るみたいだし正攻法じゃ絶対勝てないよな
アントマンとかにアベンジャーズでの見せ場も作って欲しいが


43: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:05:23 ID:hqA

どうなんでしょうね。
ロキのブラザーコンプレックス、ウルトロンのエディプスコンプレクス(親殺しのコンプレックス)は
きちんと描かれているので、サノスの虚無主義も描くのでしょうが、
自分からわざとうっかりして負けるってのはさすがに映画ではギリギリアウトな気がするんですよね。
個人的にはルッソ兄弟が監督するのでキャップの出番をマシマシにしてほしいです。


44: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:11:22 ID:Vnr

ルッソ兄弟なのか!
キャップとサノスのタイマンは撮って欲しいなあ
できれば原作みたいに即やられじゃなく粘って欲しい
ガントレットなければまあまあいけるでしょ


45: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:14:42 ID:hqA

粘ってほしいです。キャップが能力持ちや宇宙をボコるはもっと見たい!
ところで他の人のランキングも見たいですね。


46: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:26:30 ID:Vnr

レス多くて申し訳ないけどなかなか話せる相手がいないのでひとつお許しを

ダークワールド
アイアンマン2
マイティーソー
ハルク
キャプテンアメリカ
アイアンマン
ウィンターソルジャー
アンマンマン3
アベンジャーズ
GOTG
エイジオブウルトロン

俺は割とアクションシーン重視だからこうなる
アイアンマン3はラストの着替えバトルでここまでのし上がったと言っても過言ではない
クイックシルバーは見栄え良かったから残って良かったと思うがブラックパンサーとかとかぶるのかもな


47: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:35:58 ID:hqA

ダークワールドの最下位かわらずwww
アイアンマン3のラストバトルはほんとに熱いですよね
クイックシルバーは生き返ってほしいですそのうち


48: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:44:29 ID:i11

なんか横に共通した世界観が広がってるって松本零士作品みたいだな
あと全作品をどういう順番で見ればいいか教えてくれ


54: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:53:40 ID:hqA

見る順番は
『アイアンマン』
『インクレディブル・ハルク』
『アイアンマン2』
『マイティ・ソー』
『キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー』
『アベンジャーズ』
『アイアンマン3』
『マイティ・ソー ダークワールド』
『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』
『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』
「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』
そして『アントマン』
でございます

シビルウォーはキャップが死なないか心配


55: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:57:36 ID:ww3

アイアンマン3のスーツを片手足にだけ着けた状態での戦闘好き
ところで>>1ってゾンビ・アセンブルは読んでる?


56: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)04:59:09 ID:hqA

ゾンビ嫌いなので読んでないです。。
実はアメコミ自体20冊ちょいしか持ってなくて半数以上がバットマンとアルスパです。
あとは従兄弟の家には大量にあるのでそれを読んで断片的な知識を得ている感じです。


57: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)05:03:49 ID:ww3

ゾンビ・アセンブルはアメコミじゃなくて日本の漫画家が描いてるMCU世界の漫画だよ
何となく読んでるのかどうか気になって聞いてみただけだけど


58: 名無しさん@おーぷん 2015/09/15(火)05:05:02 ID:hqA

あ、日本のやつなんですね!マーベルゾンビーズと同じ系列かと思ってみました
ゾンビ苦手だけど手出してみようかな・・・
進撃の巨人とアベンジャーズのコラボとかも前ありましたよね







マーベルシネマティックユニバースの俺的おすすめランキングを発表してゆく!
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1442250288/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。