スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」第六部

シリーズ
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第一部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 EX1
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」第二部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 EX2
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第三部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第四部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第五部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第六部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第七部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第八部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 最終話1
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 最終話2




407: 1 2015/06/14(日)03:19:02 ID:Nz5

普段は娯楽として使われない部室一階映画室
今日は珍しく提督直々の招集によりこの鎮守府の全ての艦娘が集められた
すなわち、大規模作戦開始である

提督「あーあー、マイク音量大丈夫か、とりあえず一曲」

叢雲「早くしなさい、みんな持ってるのよ」

提督「えー」

提督「えーーーーーーーーーーーーー」

五十鈴「もう、そういう前座はみんな飽きてるのよ」

提督「まぁ時間もないし始めるか」

曙「なら最初からそうしなさいよこのクソ提督」

さてっと1呼吸開けて提督の目がキリッとする
こういう時の提督は真面目モード
いつもの変態さなんか感じない

提督「知ってる奴も多いと思うが呉鎮守府を中心としたFS作戦が近日始まる」

提督「この前準備として各鎮守府から艦隊を送りトラック島に集結させることになった」

提督「もちろん、俺達からも選りすぐりの先鋭を送って支援する」

提督「今から呼ばれたメンバーは本日ヒトフタマルマルより出港」

提督「トラック島に向かってもらう」

引用元:open2ch
408: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/14(日)09:04:29 ID:YQf

提督「まず第一艦隊旗艦、武蔵」

武蔵「ふむ、任されよう」

提督「あっちは戦艦は乏しい、お前の活躍に期待する」

提督「大和が待機しているようだ、たまには姉妹艦仲良くしろよ」

提督「次、木曾」

木曾「おう、任せろ、あっちでも勝利をくれてやる」

提督「ちなみにお前の姉妹艦全員いるらしいからたまには会ってこい」

木曾「拒否権は」

提督「ない、してもいいけどおっぱいひともみな」

木曾「おう、好きなだけさわれ」

提督「ごめんなさい、嘘です」


409: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/14(日)09:09:07 ID:YQf

提督「次、熊野、航空巡洋艦はあっちにはない、戦果を期待する」

熊野「ミッション終了後も期待してもいいですの?」

提督「善処する」

提督「次は伊58、潜水艦はあっちにはない、熟練された技術を見せてやれ」

58「わかりました!任せて下さい」

提督「あと隼鷹、航空戦力は石橋を叩いて渡るどころか叩き割ってもいいぐらいだ」

隼鷹「あれ?ちょっと私だけ適当すぎない?」

提督「お前だけが頼みだ」

隼鷹「しかたないなー、まかせてくれよぉー」テレテレ

<チョロスギナノデス
<アーアレハダメダワ
<シネバイイノニ


410: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/14(日)09:28:05 ID:YQf

提督「最後は…龍驤、行けるか、あっちは航空戦力は豊富でも練度に劣る」

提督「俺だって行かせたくはないがお前が適任なんだ、助けてやってくれ」

龍驤「きみぃ、ウチがいなくても大丈夫なんか?」

提督「その間は我慢する、だから安心しろ」

隼鷹「あの二人、旅行から距離縮まってない?」

木曾「くっ…」

武蔵「先を越されたか」

熊野「わたくしあのとき全裸待機していてのに…」<クシュン

58「私も…きっと…」

提督「さて、第一艦隊は以上、次第2艦隊」

提督「こっちは支援重視だ」


411: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/14(日)10:56:41 ID:YQf

提督「まずは旗艦初雪、お前が提督代理だ」

<エ。ハツユキ
<ドウイウコトヨ!!ショキカンハワタシヨ!!
提督「どよめくな、理由はちゃんとある」

初雪「なんで…私…?」

提督「お前の守り重視の思考は俺を超えてる」

提督「なら…全員を生存させろ」

初雪「…さーいえっさー」

提督「こいつ以外に俺にゲームでも模擬戦でも白星つけたやついるか?」

誰もが無言
それはそのはずだ、提督と真剣勝負して分け以上にもってこれたのは親方
そして将棋とはいえ提督相手に勝利まで行ったのはこの初雪が初めてなのである

提督「異論ないな、姉妹艦の吹雪と情報交換も頼む、次、提督代理補佐、天龍」

天龍「ちょ!ちょっとまてよ!俺なんかでいいのかよ!」

提督「自分を卑下するな、お前は人を上に導く才能がある、自信もっていけ」

提督「初雪を頼んだぞ」

天龍「そういわれちゃぁ引き下がれねえなぁ」

提督「次、雪風」

雪風「ゆ!雪風ですかしれぇ!」

提督「お前のスペックなら格上でも十分戦える、実戦で鍛えてこい」

雪風「雪風!しれぇかんのためにがんばります!」


412: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/14(日)12:44:38 ID:YQf

提督「次、山城、航空戦艦の実力を証明してみせろ」

山城「お、おねえさまを差し置いて私が遠征部隊メンバーなんて!」

提督「安心しろ、扶桑は鎮守府護衛の旗艦だ」

山城「やっぱし不幸だわ…」

提督「次、五十鈴、歴代に俺に続けて初雪を立派な指令にしてみせろ」

五十鈴「五十鈴におまかせよ、私に任せて」

提督「次、叢雲、俺と同様にこいつらを支援してやれ」

叢雲「ふん、随分と上から目線ね、いいや、その指令、完遂してみせるわ」

提督「最後に…ビスマルク、実戦だ、活躍に期待する」(敬礼

ビスコ「ええ、ドイツ艦としての実力を証明してみせるわ」

提督「以上!鎮守府防衛編成についてはおって放送に伝える!」

提督「これをもって緊急会議を終了する!!」


413: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/14(日)12:57:17 ID:YQf

12時
提督「いいか、絶対に轟沈するな、いや、無傷で帰ってこい」

龍驤「そんな言わんくてもわかってるわ…もうひとりの生命じゃないやから///」

提督「そうだな…絶対に帰って来い、俺は待ってる」抱き

龍驤「もう、そんな…周りも見てるやんか…」さらに抱き


武蔵「やっぱしあれか」

木曾「旅行のときにいつの間にか一戦超えていたのか…」

熊野「抜け駆けわ…許せませんわ」(クシュン

初雪「はいはーい…色々私念はあるけど任務優先…」

叢雲「な…なんか初雪に先導されてるのにムカツク」

雪風「そうですかぁー?」

提督「ホイホイ、全員いってらっしゃーい」


414: 1 2015/06/15(月)02:44:09 ID:CVW

全員を見送り司令室に座る
いつもはやれ既成事実だのやれデートしろだのと騒ぎしいこの部屋も随分と静かなもんだ





提督「ふふふ…」

提督「ははは…」

提督「はーっはははは!!!」

遂に来ましたこの時が!普段はいらぬ妨害で中々セクハラできない艦娘にセクハラできる大チャンス

とりあえず曙いじって(性的な意味はない)遊んでユーにセクハラして
摩耶にセクハラ発言攻めしていじめて…
うーん、たまには潜水艦ズに休暇を出してプールに行くのも…
いやまて、いつもしてることじゃないか
たまには長月たち戦術部にいって将来の中二病を育成するってのも…
そういや大鳳にまだセクハラしてないな、うむ、セクハラバンザイ


416: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)08:00:14 ID:LBw

摩耶「よう提督、邪魔しに来たぜ」

提督「お、セクハラ被害第一号かな?」

青葉「私もきちゃいました」(屋根裏くぱぁ

提督「なんだ、俺のイケメン顔でも撮りに来たか」

龍田「あらあらぁ~♪提督さん発見ですわぁ~♪」

飛鷹「捕まえたわね、荒縄準備ッ!」

扶桑「ええ、いつでも構いませんわ」

提督「ねえ、あのさぁ、これどういうことなのかなぁ、提督ちゃんにもわかるようにさ」




艦娘「…」(ニヤァ


417: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)08:16:39 ID:LBw

やばい…!これはやばい…!

おそらくこの空間にいればやられ…いや犯られる!

やっちまったやっちまったやっちまった!!
よくよく考えれば嫁ーズがいなくなって自由を手に入れたのは俺だけではない!

摩耶「覚悟は…できてるだろうなぁ」

扶桑「既成事実…既成事実…!」

これはまずい!コーラを飲むとかならずゲップが出るのと同じぐらい確実に!!


418: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)09:01:30 ID:LBw

「イグニッションッ…」と小さく呟く
ここから脱出するしかない!!

とりあえず後ろの窓から飛び降り…

巻雲「提督なら絶対ここに落ちてくるって」

168「やっぱしそうよね、絶対に捕まえてやるんだから」

ユー「提督…捕まえればいいことある?」

8「うん、提督にとっては地獄だけど」

長月「今までの貯めに貯めたツケ、払ってもらう時が来たようだな」

Z1「よくわからないけど捕獲用ネット準備できたよ」

よーまーれーてーるー
いや、落ち着け俺
俺はいつだってクール

ただ前門の虎、後門の狼って状態なだけだ
ギリメカラとかドッペルゲンガーが部屋から出た瞬間出た感じではない
そうだ、発想の転換だ
ただガラスぶち破って下に逃げようとするから読まれる
なら外壁を走り抜けて非常口から逃げればいい


419: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)09:12:17 ID:LBw

龍田「もう読めてますわよ♪てぇいとぉくぅ♪」

龍田「聞こえませんかぁ♪」

な…なにがあるんだ…
落ち着け、俺にパニックなんて言葉はない…
パパパパパパパパパパパ

これはプロペラ音…
いや…まさか…いやいや…

大鳳「もう逃げられませんよ…」

葛城「さすがにこれじゃ逃げられないでしょ」

飛鷹「ね、提督」

扶桑「ふふふ…」

見えた…窓から見えた…
すでに全ての航空戦力が外で待機している…ってのか?

こいつら…マジで本気だ
本気って書いてマジだ
なら切り札!

高速思考展開…
外で待機してる艦載機は…およそ200…
そして下では駆逐艦潜水艦連合が待機
前は軽巡重巡戦艦軽空母正規空母
正面突破は利口ではない

っというのは凡人の考え
逆だ、強固であるがゆえに…
それは油断

俺は…前から突破するしかない!!


420: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)09:27:03 ID:LBw

龍田の手が俺に伸びる
俺はそれをギリギリで回避してそれを発動する

『インフェルノ』っと小さく呟く

敵の攻撃をギリギリ回避することで数秒ではあるが時が止まったようにみえる
そしてその時の止まった中を人の限界を超えた思考速度と生体制御で無理やり動く
制限はあるものの脳内であらかじめプログラミングし動きを決めることで…
本来なら敵に反撃をしたり銃撃を避けたりとエクスプロージョンとは別方向の力
今回はこれを…
全身全霊をもって

龍田のスカートのホックを外し!
パンツをずらし!
ブラのホックを外すことに費やす!!


421: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)09:43:00 ID:LBw

龍田「あらぁ♪往生際が…ってえええええええええええええ」

今しかない!!

提督「エクスプロージョン…!」

終了条件部屋からの脱出!
今なら!今ならあっけにとられた全面艦娘をスルーしていける!

で、エクスプロージョン解除したらさ

加古「提督ゲットだぜ!」

あきつ丸「やはりこっちにきたでありますか!」

401「よぉし、提督捕獲だ!」

水ぽん「ねー、私の言ったとおりでしょう?」

ウォーターポンプ「サスガ博士」

明石「もう逃げられないよ提督、このタワー組と準備した提督専用捕獲網」

明石「捕まったら最後、逃さないからね」

後続も続々と

扶桑「でかしましたわ、皆さん」

青葉「千手先を読めてもこれは予想外でしょう」

そして…

龍田「フフフフフフフフフフフフフフフフフフフフフ♪」

あ、俺死んだわ


422: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)10:14:07 ID:LBw

SS第六部
『嫁のいない日』
改め
『提督の一日』


423: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)11:16:09 ID:LBw

寝る前の脳内設定18 兵装技術試験小隊

共通
全員が高校の同級生
岡山の男子校卒業
アニメ・ゲーム・マンガ大好き

提督
頭おかしい司令
以上

親方
様々な戦場を駆け抜けた傭兵
後に兵装技術試験小隊に提督にスカウト(アニメグッズちらつかせて)編入
前線部隊隊長であり有情なタフネスとパワー
そして博士開発のパワースーツで肉弾戦を得意とする
狐っ子大好き
現在は俺タワーの世界で親方としてコーキングガンとイチャラブ中

博士
技術屋
天災的な開発力をもっており大手企業の施設を新製品開発中に爆破
解雇されたところを提督にスカウトされる
独自理論で色々開発するためオーパーツじみた兵器を多数開発するが本人しか作り方がわからない
擬人化メカっ子大好き
現在は家電少女の世界で大好きなメカっ娘に囲まれながら神風とコウジョウチョウとして働いている
すでに自ら家電を開発している段階におる

社長
高貴な振る舞いをすると思えば実は貧乏人で守銭奴
金を求めて提督に無知やりスカウトされた
じわゆるプロクラッカーを生業にしておりそのプログラミング能力は
ネット界でルシファーとして崇めた積まれている(他称であり自称ではない)
また、博士がハードならこっちがソフトで兵器関係にでは協力関係である
普段表に出ないが会計職を一任しており完全に無駄のない予算編成をする
現在はかんぱにガールズの世界で春風と政府転覆を目標に
傭兵派遣業を営んでいる
ちなみに結構いい額になっている


424: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)11:26:04 ID:LBw

龍田「もう逃げられませんよぉ♪」ゴゴゴゴゴゴゴゴ

龍田「覚悟はぁ♪できてますわよねぇ♪」

この凄み!
こいつには、やると言ったらやる………『スゴ味』があるッ!
動け動け動け!!

明石「あ、この網特殊接着剤で動けば動くほど逃げられないですよ」

あきつ丸「さすがであります!」

水ぽん「大変だったんだよ~、これつくるのさぁ~」

提督「お前らProjectfutureは!こんなんつくるためにここにいるんじゃねえだろ!」

水ぽん「だってさ~、面白そうだったし~」

提督「み…水ぽーーーーーん!」

長月「しまった!遅かったか!!」

巻雲「まさかこっちに行くなんてね」

提督「お前ら助けろ!お願いしますなんでもしますから!!」

龍田「ん♪今何でもするっていいましたねぇ♪」

あああああああああああああああああああああああああああああ


425: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)11:29:44 ID:LBw

龍田「でわぁ~♪失礼しますね~♪」

無理やりこちらの唇を奪われた
いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ侵されるぅぅぅぅぅぅぅ!!

ってなんで舌まで…ってこれは…ま…まさか…

龍田「ぷっはぁ♪飲み込みましたねぇ♪それを♪」

いやいやいやいやいやいやいやいやいや

まさかまさかまさかまさかまさかまさか

龍田「ファーストキスはわかばの味で残念ですがぁ♪」

龍田「すぐに効果がでてきますよぉー♪」

龍田「女体化サプリのぉ♪」


426: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)11:39:04 ID:LBw

女提督「ひ…ひぃ!!」

葛城「噂には聞いてたけど…こんなに美人さんなんて…」

大鳳「私より胸が大きいなんて…」

長月「でわ、契約どおりだ、ヒトナナマルマルまでは戦術部で預かるぞ」

扶桑「ええ、約束通りそうしてください」

提督「てめえら!!別々じゃなくて組んでたのか!!(cv今井麻美)」

龍田「ふふふ♪これ読んでみてくださいなぁ♪」

その紙にはひじょーーーーーーにみなれた字体で書かれた文字が

龍田「やっぱしぃ♪本妻にはかなわないのですねぇ♪」


427: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)11:48:54 ID:LBw

鎮守府へ残る全艦娘へ

提督は絶対ぃにこのチャンスにがさへん
嫁艦が一斉に抜けるこのタイミングで好き放題するつもりや
せやから女体化サプリ飲ませて好きな様にせえや
本妻のうちが許可だすし何があっても文句いわーへん

提督「りゅうじょおーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!」



龍驤「へっくし!!!」

熊野「あら、道中だというのに風邪ですの?風邪薬ありましてよ」(クシュン

龍驤「あー、時間的にたぶん提督が取り押さえられて叫んでるんちゃうかなぁ」

天龍「嫁艦や俺達がいないってことは逆に言えば止める奴がいねえってこった」

雪風「て!提督に何かあったんですか!」

武蔵「安心しろ、いうなれば普段の行いから来る報いだ」

叢雲「たまにはいいんじゃない?まぁどうなるかは知らないけど」(プンスカ

58「なんで叢雲は怒ってるの?」

木曾「ふれてやんな、乙女にはいろいろあるんだよ」

初雪「もう帰りたい…」

五十鈴「しっかりしなさい!まだ出撃したばかりでしょ」

ビスコ「初の戦闘…胸が踊るわ」

山城「誰とも話が合わない…不幸だわ…」


428: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/15(月)12:21:28 ID:LBw

隼鷹「それにしてもさぁ?龍驤はこんな作戦に参加してもよかったの?」

龍驤「提督が久々に本気出したんや、ウチだってやってやるわ」

龍驤「そーじゃなくてさぁ、いるんだろぉ、提督との赤ちゃん?」

龍驤「ななななななななななななんのはなしかわからんなぁ!」

武蔵「隠しても無駄だ、その反応でわかる」

木曾「ちょ!ちょっとまてよ!旅行いったのほんの少し前だぞ!」

龍驤「やっぱあんたらにはかくせんかなぁ」

熊野「あれだけ出港時にイチャイチャ会話されたらわかります」(クシュン

58「じゃあ、龍驤さんはその…提督の子どもを…あの本みたいに…」

龍驤「な…なに想像しとんや!!ってかあの本ってなんや!!」

武蔵「まぁ道中もまだ長い、ゆっくり事情は聞いておこう」

初雪「初雪は…全部聞いてるけど…?」

龍驤「そか、提督も腹をきめたんやな…」

初雪「初雪は…提督代理だから…」


430: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/16(火)08:42:40 ID:TKD

女提督「これなんかお股がスースーしていやなんだよなぁ」

今回は女性用提督制服
そして下は龍田がもってきた天龍型のスカート
パンツと下着は明石の店で売ってるものだ
今回は龍田の指定で赤だ

長月「それでは提督を迎えての地上演習だ、地上とはいえ実戦と思って戦え」

Z1「分析は重要だ、いままでの努力が提督に通じるか楽しみだ」

地上演習場
ここはハヤテとの記憶が呼び起こされるからあんまり好きじゃない
だが…やる気がある仲間の意思も不意にできんな

女提督「いいわ、来なさいよ、全員に私との実力差をわからせてあげる」





女提督「キルミーベイベー…」


431: 名無しさん@おーぷん 2015/06/17(水)13:34:40 ID:o7H

女提督「あなた達、こっちから攻める前に2つ言っておくわ」

女提督「まず1つは…」

女提督「フェンムー続編決定、ありがとうSEGA」

女提督「そしてもう1つは…そこよ」

のび太にも匹敵する射撃速度と精密射撃でまずは一機
すぐ近くの岩陰でこっちに仕掛けるチャンスを伺っていた
朝潮「え、やだ、もうリタイアなの?」

女提督「気配の消し方が甘い、私を仕留めたかったら絶を極めるか」

女提督「殺す覚悟で殺気を放ちなさい」

朝潮「それ、提督相手では無理です」

それにしても(性的な意味も含めて)熊野に調教されたせいで
この姿だと女ことばが自然に出てしまう
なんか癪だな


432: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/18(木)14:54:28 ID:DNE

「今だ!演習通りやってみせろ」

長月の声か
うまい、このプロペラ音…
前後左右…正規空母と軽空母に遠距離から包囲されたか
やはり提督代理候補の一人、やってくれる

女提督「でも…それでもまだ甘い…!」

両手に持った十字架銃を構える
これは博士謹製提督専用兵器である
十字架銃の名の通り十字架の形をした多機能兵器である
わかりやすく言えばパニッシャー
そしてこの兵器は前の戦闘において微力ではあるが対深海棲艦用に
改造した、改造したのは主に明石と水ぽんである


433: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/18(木)15:11:54 ID:DNE

ただ改造と言っても銃自体ではなく主にマガジンとその中の弾丸である

提督「三式弾…セット…ファイア!」

撃ちだされた銃弾は空中で炸裂
中に敷き詰められ散弾が南から迫り来る艦載機をガンガン落としていく
まぁ実際に落としてるわけじゃなてペイント弾当ててるだけなんだけど
提督「まずは瑞鳳、あなたからよ」

迫ってくる艦載機の数からどこに誰が配置されているかはだいたい分かった
南からは一番少なかった
つまりまだ改造が済んでいない軽空母…


長月「さすが提督だ、こっちの空母の穴を即見つけたか、だが!」


瑞鳳「やるわねぇ…でも!」

曙「やっぱりこっち来た!こっち来んな!」

矢矧「うふっ、面白いわね。そ~いうことなら私からも仕掛けてもイイのかしら、ねっ?」

阿武隈「やるときはやるんだから!」

加古「よっしゃあ!あたしの出番だね!」

駆逐1、軽巡2、重巡1
空母と違い艤装は装備していないとはいえしっかりと練度の高い
メンバーを護衛として配置してやがる

提督「例えペイント弾でも殺す気で来なさい」


435: 1 2015/06/19(金)05:51:41 ID:Q6g

矢矧「提督相手なら…当然よ!」

加古「ぶっ飛ばす!!」

二人が俺に向かって飛び出してくる
いいね、こういうの
スタンダードではあるが前衛に二人
センターに阿武隈
後衛に瑞鳳と護衛に曙
基本であるがゆえに堅固
だが、それなら瑞鳳は岩陰にでも退避させるんだったな

提督「アイン、ツヴァイ」

狙撃モードに変更してからの針の穴を通すような遠距離射撃で後衛を撃ち抜く

瑞鳳「突破もされてないのにぃ
…」

曙「あのクソ提督…女になっても意味分からない強さじゃない!」

提督「ドライ」
息をつく暇さえも与えない
とっさの出来事に後ろを振り向いた阿武隈に一撃を入れる

阿武隈「きゃ!嘘でしょ!」

ワンタイムスリぃキル


436: 1 2015/06/19(金)06:16:04 ID:Q6g

長月「さすが提督だな、だが、『読んでいるぞ』」

提督「さすが長月ね、でも…『読まれているわよ』」

二人は今別々のところで相手の声も聞こえない
だが戦局で相手の思惑を知り会話する
スクライドで殴り合って意思疎通するように
ハチワンダイバーで将棋で語り合うように
言葉は理解できずとも萌で世界中の人と繋がるように

天津風「いい風ね、奇襲にはいいわ」

リットリオ「わたしたちの本当の力、お見せします」

ローマ「提督を発見、銃撃戦、用意!」

足の速い奴らがここで追いつく
つまり、挟み撃ちされたことになる

しかも追いついてきたメンバーは全員直掩機の護衛付き
空母は艤装を装着して艦載機を使わないと実践演習にならない
という長月の要望に答えたがこれはちょっとわかっていたとはいえ安直に回答してしまったか?


437: 1 2015/06/19(金)06:29:24 ID:Q6g

ー一方その頃ー
(実際にかかる航行時間とは考えるんじゃない)
(提督おねえちゃんとのお約束だよ)

天龍「よっしゃ!見えてきたぞ!」

熊野「とうとう付きましたわね」

雪風「雪風、きんちょーしてきました!」

初雪「日差しきつい…溶ける…」

叢雲「もう少しなんだから我慢しなさい、全く頼りない提督代理なこと」

木曾「騒ぐんじゃない、上陸準備だ」


438: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/19(金)12:01:12 ID:w0U

上陸完了
大和「お待ちしておりました、与島鎮守府って武蔵じゃない」

武蔵「久しいな大和」

大和「見ただけでわかりますね、ものすごい練度」

大和「武蔵だけではなく他の皆様も練度の高さが伺えます」

長門「来たか、待っていたぞ」

陸奥「噂には聞いていたけど、実際見ると味方でよかったと思うわ」

長門「挨拶が遅れてしまった、呉鎮守府秘書艦の長門だ」

熊野(長門ってあの長門ですの?)

雪風(何の話ですかぁ?)

龍驤(そうや…合同演習にうちに来て提督に胸揉まれたあげくに反撃しようとして)

龍驤(パンツ捲られた長門や)

叢雲(もう1年以上前の話ね、その後あのメスゴリラが提督追いかけて鎮守府を破壊して回ったのよ)

長門「その話はよしてくれ…」

陸奥「あら?ワタシは詳しく聞きたいわね?長門秘書官のはずかしぃところ」


440: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/19(金)12:52:35 ID:w0U

長門「そ、そんなことはどうでもいい、そちらの代表は武蔵でいいか?」

武蔵「残念だが今回は提督代理の艦娘が同行している」

長門「あの変態提督の代理か、素行はともかくとして司令官としては有能だったな」

長門「たいそう優秀な艦娘なのだろうな」

木曾「あんな状態じゃなけりゃ優秀なんだろうけどなぁ…」

58「初雪!ダメ!沈んじゃダメ!!」

初雪「嫌な予感してたし……いいよ、もう」(ブクブク

長門「…大丈夫なのか?」

陸奥「あらあらぁ♪」

大和「とりあえず宿舎の方へ」


441: 1 2015/06/20(土)02:13:47 ID:61w

飯食ってデザート食べて涼んだ
あと初雪は轟沈直前から入渠からの高速修復剤で直した
初雪「…提督代理…初雪です」

長門「大丈夫か、日差しで轟沈しかける艦娘なんて前代未聞だぞ」

陸奥「搬入資材チェック終わったわよ、さすが与島鎮守府ね」

陸奥「武蔵を動かすことを想定しての大量の資材」

陸奥「おまけに大量の高速修復剤までこちらと共有してもらえるなんて」

長門「早速瑞鶴と翔鶴に回してくれ、吹雪もこれで一安心だろう」

山城「吹雪ちゃんまで旗艦になっているなんて、不幸だわ」

龍驤「なんや嫉妬か?」

熊野「それにしてもあの吹雪さんが帰還だなんてねえ」

長門「そういえば彼女はそちらの鎮守府出身だったな」

木曾「あとで会いに行ってやるか」

長門「お前の姉妹艦も待っているぞ」

木曾「やっぱ行くのやめよう、うん」


442: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/20(土)08:04:04 ID:Lwg

球磨「木曾がついたかクマ!!」(ドアバン

多摩「ついに見つけたにゃ!」

木曾「げえ!!!」

球磨「逃げようたってそうはさせないクマ!」ガシ

多摩「久々に一緒に遊ぶにゃ!!」

木曾「助けろお前らぁー!!」

ビスコ「なんかすごいデジャブを感じるわね」

天龍「俺もだ」

木曾「このひとでなしど(ry」

球磨「うるさいクマ!!」当て身

58「あ、わかった、いつも見捨てられる提督と被るんだ}

熊野「知っていました」


445: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/20(土)15:01:11 ID:61w

初雪「…じゃぁ…初雪達は作戦会議まで待機で」

長門「ご苦労だった、存分に羽を伸ばすがいい」

隼鷹「ヒャッハー!とりあえず赤城たち誘って酒だぁ~!」

初雪「…初雪は…吹雪にあってくる」

叢雲「私も行くわ、どのくらい成長したのかこの目で確かめておきたいわ」

雪風「雪風をおいて行かないでくださぃ!」

武蔵「迷いは晴れたようだな」

大和「ええ、吹雪さんたちのおかげで、今は出撃を心待ちしています」

長門「すまん、大和、もう少しの辛抱だ」

ビスコ「わたしたちはビーチに行こうかしら」

熊野「これ以上日焼けするのは嫌ですがここまで来たのですからお伴しますわ」

天龍「いいねぇ、ちょっくら本気出すか」

58「ゴーヤ、潜りまーす」

山城「誰にも相手にされない…不幸だわ…」

龍驤「何言うとんねん、はよいこうや」


446: 1◆A/myMazZ7Y 2015/06/20(土)15:12:50 ID:61w

そして提督は今

女提督「チェック、残弾15、問題なし」

長月「あの布陣を突破してくるとは!」

長月の狙いは挟み撃ちなどではない
いや、正確には挟み撃ちは戦略に一つで過程に過ぎない
本当の目的は俺を一方向に誘導してからの波状攻撃
瑞鳳達はそのための囮
いや、航空戦力を東西南北に配置して攻められたところを一斉で他のメンバーで攻める作戦
狙っていたなら一対多数で強力な個体を倒すならこれ以上なく有効な作戦だ

だから乗った

長月の敗因は俺の超々距離射撃の精密さと身体能力を甘く見ていたこと


448: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/21(日)09:01:05 ID:b1Y

そして何よりも

速さが足りないッ!

長月「一斉掃射ッ!近づけるんじゃない!!」

そうじゃない、そうじゃないんだ長月

点では、俺を捉えられない
横にスライドして弾幕を避けながら2発

あきつ丸「うわぁっ!」

401「いや!いやいや!!」

ワンタイムツーキルゥ


449: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/21(日)09:13:57 ID:Yt3

提督「あとは…あなただけよ」

長月「くっ!」

長距離射撃で簡単に終わる
周りにも遮蔽物は一切ない
だが、ここはあえて接近戦で倒す

見えてることが逆に恐怖だろ?
まだ不意打ちや狙撃で終わるほうが一瞬でいい
全ての銃撃をかわし
ときに撃ち落とし
一発当たれば終わりのはずの相手が臆することなく無傷で近づいてくる
残り20m、残弾4


450: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/22(月)09:15:48 ID:IrI

女提督「さぁ、チェックメイトよ!」

接近しながら長月から放たれた銃弾を銃弾で弾く
そして続けて発射した二発で両手に持った武器を撃ち叩き起こす
どうにか肉弾戦で対抗しようとする素振りを見せるがもう遅い
俺が銃を頭に突きつけるほうがはやうぼぁ!!

女提督「へ?」

あと一歩
あと一歩というとこで
視点が急降下した

女提督「あるぇ?」

見上げると長月が凄い悪そうな顔して見下してる
お父さんそんな風に育てた覚え無いですよ

長月「くくく…」

長月「ははは…」

長月「はーははははッ!!」

ここでわかった
なんと原始的で効率的な…

俺落とし穴にはまってるわコレ


451: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/22(月)09:26:56 ID:IrI

朝潮「かかったわ部長」

と朝潮が地面に擬態していた別の落とし穴から顔をだす

長月「うむ、本当は全身落として見動きできなくしようと思ったが…」

朝潮「胸がつっかえて止まってますね」

長月「まぁいい、これで勝ちは勝ちだ」

朝潮から受け取った銃でこちらに銃口を向ける

だが甘い
その甘さが命取り
この程度の修羅場幾度と無く…って

女提督「あれ?あれ?」

おしりが完全に穴にフィットして抜け出せない!!

長月「チェックメイト」

青葉「ゲェェェェェェェムセット!!まさかの提督敗北ぅ!」

女提督「こんな馬鹿な…」

朝潮「部長、ついに私達やったんですね」

長月「いいや、私達の負けだ、20人以上殺られて勝っても戦場では大敗だ」

女提督「うん、よかったわね、だから早く引っ張って、助けてくださいお願いしますなんでもしま」

長月「ん、今」

朝潮「なんでもするって」

長月「いったよなぁ」(ニヤァ


452: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/22(月)09:48:33 ID:IrI

バトル分補充できて満足なのでその頃トラック島は…

多摩「それにしても木曾も立派になったにゃ」

球磨「見違えたクマ」

木曾「まぁ、提督の指導のおかげだ」

北上「お、木曾じゃん、おひさー」

大井「げ!中二病」

木曾「二人共相変わらずだな、大井姉さんは北上姉さんにべったべただな」

北上「ここ暑いから引っ付くのはちょっと勘弁かなー」

大井「ガーン」(絶望フェイス

北上「それよりさぁー、木曾はあっちでケッコンカッコカリしたんでしょ?」

大井「そ、そうよ!私達に挨拶もなしだなんて常識がないわよそこの提督!」

球磨「まぁまぁそう殺気だつなクマ、あんな態度でも心配してたんだクマ」

大井「誰が心配なんてするもんですか!むしろお邪魔虫が減ってよかったわ!」

木曾「相変わらずだな、姉さん達は」(クス

多摩「やっとわらったにゃー」

球磨「ささ、準備して海水浴だクマ!」

北上「いいねぇー痺れるねぇ~」


454: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/23(火)10:14:38 ID:cVH

初雪「…あ…吹雪」

吹雪「初雪ちゃん!そっか、初雪ちゃんも作戦に参加するんだ」

雪風「吹雪さん!会いたかったです!」

叢雲「思ってたよりも元気そうじゃない」

吹雪「雪風ちゃんに叢雲ちゃんまで!久しぶりです」

叢雲「お願いだからちゃん付けはやめて頂戴」

夕立「知らない娘っぽい」

睦月「吹雪ちゃんのお友達?」

吹雪「はい!前の鎮守府で一緒だった駆逐艦の仲間です!」


455: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/24(水)00:44:50 ID:cSM

夕立「みんなで海水浴にいくっぽい!」

吹雪「皆さんも一緒にどうですか!」

初雪「…初雪は寝」

叢雲「はいはい、行くわよ」ガシ

雪風「早く行きましょう!!」ガシ

初雪「…ねーるぅぅぅぅぅ」ズルズル

睦月「ふ…吹雪ちゃんがいた鎮守府っていつもあんな感じだったの?」

吹雪「うん、昔と変わってないみたい」

夕立「ちょっと変っぽい」




457: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/24(水)03:50:58 ID:cSM

赤城「龍驤さん、お久しぶりです」

龍驤「おー!赤城と加賀やないか、演習以来やなぁ」

加賀「龍驤さんもお元気そうで」

瑞鶴「何この子?駆逐艦?かわいい!!」

加賀「てい」(正拳突き)

瑞鶴「ぎゃぁ!なにすんの一航戦!」

加賀「失礼しました、五航戦が無礼をしてしまって」(土下座)

龍驤「ちょ!なにやっとんや!一航戦の誇りはどうしたんや!!」

瑞鶴「本当よ!一体何やってんのよあんた!!」

赤城「瑞鶴さん」

瑞鶴「赤城さん!コレって一体!」

赤城「今すぐ土下座するのです、大丈夫です、介錯は私が務めます」

瑞鶴「ええええええええええええ」


458: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/24(水)04:19:47 ID:cSM

瑞鶴「どうしたのよ一航戦!どういうことよ!」

加賀「この御方は与島鎮守府の龍驤さんよ」

翔鶴「りゅう…じょう…」(手に持ってたボールポロリ

翔鶴「龍驤ってあの龍驤!?」

加賀「そう、数多の深海棲艦を沈め逆鱗に触れると味方の艦でも容赦なく沈めるという」

赤城「あのときの演習…数で圧倒的に勝るこちらの艦載機をもろともせずに」

赤城「制空権を取られ…鬼神の如き圧倒的攻撃力を見た時に与島の提督の話は本当だったと革新しました」

龍驤「チョットその話よぉーく聞かせてくれんかなぁ」

五十鈴(あ、あれは帰ったら血の雨がふるわね)

山城(このまま別れてくれないかしら)

ビスコ「風紀が乱れているわね」


459: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/24(水)07:24:36 ID:cSM

那珂「さーって!みんながビーチに集まったところで!!那珂ちゃん!一曲行きます!!」

金剛「ノー!ここはワタシが歌うネー!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女提督「私の歌を聞けェェェェェェ!!」

宴会場

長月「辛勝ではあるが、提督戦勝利を祝し、乾杯!!」

戦術部一同「かんぱーい!!」

女提督「あなた達ィィ!」

曙「全く、クソ提督の歌は無視して乾杯は恒例行事じゃないの」

加古「だなぁ、でも優しいこのアタシがジュエットしてあげようか?」

女提督「Huu...」

矢矧「マサニ今宵、イマ世界ハ!」

女提督「Cold moon.」

矢矧「 一ツニナル、届キタマエ!」

女提督「Blue shine」

矢矧「叶エタマエ!」

二人「さあ…始まろう…! 3、2、1 Ready go Fly!!」

阿武隈「もう歌い始めてるし」

瑞鳳「まぁまぁ、玉子焼きも準備出来たよ」

大鳳「ジュースやお酒やつまみも明石さんに手配したのですぐ来ますよ」

朝潮「よかったの、部長」

長月「なにがだ?」

朝潮「いえ、勝利の報酬が提督の支払い持ちで飲み会でよかったのかと」


460: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)02:42:45 ID:cPD

長月「言いたいことはわかる、なぜケッコンカッコカリしてもらわないのかっていいたいのだろ」

朝潮「部長はこの鎮守府で二番目に配属された艦娘」

朝潮「練度も上限に届いてるし提督の方針ならケッコンカッコカリしても問題ないはず」

長月「私だってしてもらいたいさ、でも今回の勝利はあくまで提督が罠を全部踏み抜いた上での勝利だ」

長月「提督が本気なら最初の時点で私たちは壊滅してた」

朝潮「それでも勝ちは勝ちです」

長月「それと、提督には駆逐艦を大切にする理由があるんだ」

朝潮「それは初耳です」

長月「提督の過去に関わる話だ、知ってるのは私と叢雲」

長月「それと龍驤なら知ってるかもな」

朝潮「…深くは詮索しないでおきます」

長月「まぁ、それと」

女提督「加古!ちょっと来い!あと二人誰か来い!」

401「歌か!私も歌うぞ!」

あきつ丸「提督に付き合うであります!」

女提督「あーいまい三センチ!」

長月「今のままでも十分に満足なんだ、私は」


461: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)02:51:26 ID:cPD

長月「と、そろそろ時間か」

扶桑「お迎えに上がりました」ドア連撃大破

龍田「負けちゃった無様な提督さんはどこかしらぁ~♪」カットイン攻撃ドア轟沈

飛鷹「ここからは大人の時間でですよー」

長月「提督の身柄引取ご苦労」敬礼

青葉「提督は頂いていっちゃいますね」敬礼

女提督「あのー朝潮さん、なんで私を手錠で捕まえたの」

朝潮「提督は絶対に逃げようとするので逃がさないようにという部長の指示です」

長月「すまない提督、そういう契約なんだ」

女提督「僕と契約して魔法少女になってよ」

長月「もうそういう年齢じゃないんだが」(20歳)


463: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)13:13:07 ID:gHb

提督「ってあれぇ?」

扶桑「もう男に戻ったのではないですか?」

提督「ふぁぁぁぁぁぁぁぁ!!これでは女装ではないか!やめてぇぇぇ!!」

青葉「女装提督いただきました」(パシャ

提督「青葉ェ…」

青葉「実は提督の写真は中身知らない女提督の方々に高額で取引されてます」

提督「ふむ、で、その収入は?」

青葉「明石さんと半々です、尚明石さんはその資金を酒の仕入れやらに使っています」

提督「それなら仕方ない」

大鳳「仕方…ないのですか?」

扶桑「それではいきましょうか」ガシ

龍田「連行しますねぇー♪」ガシ

提督「せめて手錠は外してくれねえ?」ズルズル

摩耶「手癖が悪いからダメだな」

長月「提督に敬礼」左敬礼

戦術部全員左敬礼

提督「俺死ぬの?」

ちなみに効果時間軽減のサプリは明石が準備した


464: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)13:44:07 ID:gHb

しつこいがトラック島!

ビスコ「ブロォク!」ポスン

五十鈴「ナイス!五十鈴におまかせよ!トス!!」パン

武蔵「よく回した、あとは私に任せろ…アタック!!」ドドッドドドド

センコハナビめいたその加速し火花散らす特殊バレーボール!!

長門「やらせるかぁ!!」ブルァァァァァ

それをまるで普通のボールのごとく受ける

霧島「あのボールをうけとめたぁぁぁぁ!!さすが長門秘書艦!!意地を見せたァァァ!!」

那珂「そういうのは那珂ちゃんの十八番なのにぃぃぃい!!」

川内「中継は私におまかせろ!夜戦じゃないのが悔いだけど!!」ポス

大和「さあ、やるわ…アタック!!」ズシャアアアアアア

初雪「…海…冷たくていい」(浮き輪装備

叢雲「暑苦しいったらありゃしないわ」

雪風「ラムネおいしいですぅ」

なんやかんやで楽しんでいた


465: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)14:00:15 ID:gHb

司令室
提督「なんだ、お前らがやりたいことって」

龍田「まぁまぁ♪一杯どうぞ♪」

提督「飲み会がしたかっただけか、それならそう言えばいいのに」

扶桑「いつも嫁艦の方々が飲み会では付き添ってますからね」

摩耶「だから、たまにはオレたちの酒も飲めって話だよ」

提督「俺はてっきり普段の仕返しやらケッコンカッコカリを迫られるやら怖がってたのに」

飛鷹「妹の結婚相手に手をだすほど汚れていませんよ」

青葉「私達は私達で感謝してるんですよ、この鎮守府と提督に」


466: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)14:12:53 ID:gHb

龍田「わかってるんですよぉ♪セクハラまがいな行為は照れ隠しみたいなもんだって♪」

明石「一番はともかくみんなを大事にしてる、だからカッコカリメンバーがいない時ぐらいわね」

提督「お前らなぁ、何恥ずかしいこと言ってんだよ」

摩耶「ほらほら、俺の酒だ、飲め飲め」

提督「おお、サンクス」

扶桑「ふふ、こちらのお酒もどうぞ」

提督「グラッチェ」

飛鷹「たまにはこういう日もいいわね」

龍田「カッコカリが返ってくるまでとはいぇ♪私達の気持ち♪受け取ってもらいますよぉ♪」

提督「あとがこええな」


467: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)14:30:29 ID:gHb

二時間後

提督「zzzzzzz」グースカ

龍田「寝てしまいましたわねぇ♪」

飛鷹「みたいだね」

扶桑「ふふ、食べちゃいたいですね」

明石「ダーメ、皆で約束したじゃん」

摩耶「提督からカッコカリを申し出るまでは手を出さない」

龍田「本当はぁ♪みんな提督大好きなんですよぉ♪」

青葉「強くあたっちゃうのは嫌よ嫌よも好きのうちってことで」

提督(知ってるよ…)

提督(でも俺は…)

龍田「そろそろ狸寝入りはやめてもいいんですよぉ♪」

提督「zzzzzzz」

扶桑「素直じゃないですね」


468: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)14:43:25 ID:gHb

与島鎮守府近海
その艦はただ一人夜の海の上
その赤い眼差しはただまっすぐに鎮守府を見つめていた

「ヤット見ツケタヨ、僕ダケノ提督…」




第六部 艦


469: 1◆BPxI0ldYJ. 2015/06/25(木)14:48:25 ID:gHb

次回予告
川内「やめろ!
与島鎮守府に襲いかかる深海棲艦の群れ、主力が抜けた鎮守府を左右するのは提督の采配

頼む、死なないで提督!あんたが今ここで倒れたら龍驤さんや他のケッコンカッコカリ勢

そして、提督を信じる艦娘たちはどうなるの!

戦力はまだ残ってる!采配時代ではどうにかなる!

諦めるな提督!!

次回艦これSS第七部

「提督、死す」

夜戦!開始!!」




次の話
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第七部



提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1429402498/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。