スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第一部

シリーズ
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第一部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 EX1
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」第二部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 EX2
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第三部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第四部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第五部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第六部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第七部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 第八部
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 最終話1
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 最終話2




1: 2015/04/19(日)09:14:58 ID:3uu

提督「そんなバカな!俺のまな板はどこいったんだ!」

龍驤「せやかてなったもんはしょーないんやん」

提督「俺は認めん!認めんぞ!龍驤はまな板であってこそ輝くんだ!」

提督「帰ってきてくれ俺の龍驤!!りゅうじょ(ヌプ」

龍驤「あててんやで」

提督(これはこれで…)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

提督「うーん…エクスタ…はっ!夢か!!」

龍驤「おはよーさん、で、うちがまな板やって?」

提督「Exactly(そのとおりでございます)」

龍驤「死にさらせ!」

引用元:open2ch
2: 2015/04/19(日)09:29:17 ID:3uu



ビスマルク「Guten Tag.提督、今日も寝むそうね」

提督「ドーモビスコ=サン、オハウヨウゴザイマス」

ビスコ「なんで片言なのよ」

提督「眠いから」

ビスコ「私生活が乱れてるようね、私が1から面倒みてあげましょうか?」

提督「間に合ってるんで」

ビスコ「秘書艦として見過ごせないわ、早く顔洗ってシャキッとしなさい」

提督「へーい」

今日も忙しい一日が始まる


3: 2015/04/19(日)09:41:21 ID:3uu

58「イヤでちぃ!!もうオリョール行きたくないでちぃ!!」

提督「おぅ、オリョール行ってこいよあくしろよ」

168「提督の鬼!鬼畜!変態!大変態!」

提督「はいはい変態バンザイ、変態バンザイ」

8ちゃん「クズ!ゴミ!」

提督「わかったわかった、我々の業界ではご褒美です」

58「満足した?」

提督「おう、やる気出た」

168「じゃぁオリョール行ってくるの」

8ちゃん「ご褒美にシュトーレン、食べたいなぁ」

提督「おやつは準備しとくからいっといで」

潜水艦s「「「いってきまーす」」」

ビスコ「あれで元気でるの?」

提督「これで俺はまだ戦える」

ビスコ「ドMなの?」

提督「さぁ?」

オリョールは一日朝昼晩の三回


6: 2015/04/19(日)11:03:02 ID:3uu

昼前

提督「あー癒やされるんじゃぁ、心がSAN値がピンチでうにゃーするんじゃぁー」

龍驤「きみぃ…」

提督「なんだ、今崇高な儀式中だぞ」

龍驤「なんで背中をさすってるのさ」

提督「お前さんなら背中も胸も大差あるまい」

龍驤「喧嘩うってんの?」

提督「いや、仕事ないから暇でさ」

龍驤「さっさと仕事せんかい!」

提督「えー」

龍驤「えーもはーもあるかいな!さぁさっさと仕事仕事!」

ビスコ「ねえ、提督っていつもああなの?」

木曽「ん?ああ、お前はこっち来てから日が浅いのか」

木曽「慣れろ」

ビスコ「規律が乱れてるわ」


7: 2015/04/19(日)11:20:22 ID:3uu

昼食

曙「この!クソ提督!!」

バンバンバン(マックノウチ!マックノウチ!

提督「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

ドゲン(壁にふっとばされる音)

ビスコ「なにあれ?」

木曽「昼食に乗じて曙の使用中の箸を奪って」

木曽「舐め回そうとして返り討ちにあった提督の図だ」

ビスコ「やけに詳しい解説ね」

木曽「一年近くここにいるんだ、もはや恒例行事だ」

木曽「まぁ提督もネタでやってるから本当に舐め回してるとこは見たことねえ」

ビスコ「それってネタで済む問題なの?」

木曽「慣れろ、これから毎日見ることになる」

龍驤「きみぃ…(ゴゴゴ」

提督「ヒィ!なんか殺気を感じる!」

龍驤「今日という今日はゆるさへんで!」

熊野「駆逐艦の子に手を出すとは感心しませんね(ゴゴゴ」

武蔵「やはり一度殺す必要があるか(ゴゴゴ」

木曽「ケッコンカッコカリしてる勢に追撃を食らうのもいつものこと」

ビスコ「規律が乱れてる通り越してもう終わってるわね、この提督」


9: 2015/04/19(日)11:52:40 ID:3uu

昼過ぎ

ビスコ「さて、昼食も済んだし秘書艦の仕事に戻ろうかしら」

提督「え?もう今日の分の仕事終わってるよ?」

ビスコ「え?でもあの書類の山は?」

提督「さっき本気出し終わらせた」

提督「終わらせないと潜水艦ズと遊べないだろ」

ビスコ「ちょっと!ちょっと待って!隠してるんじゃないの!」

ビスコ「あの書類の山一時間どころか夜まで終わらない量よ!!」

ビスコ「どっか隠したんじゃないの!」

提督「そんなこと言われてもなぁ」

8ちゃん「提督ぅ、早くシュトーレン食べたいのぉー」

提督「今行くぞ俺のスク水眼鏡っこ!!」

木曽「慣れろ、あいつは素行はともかく仕事は天才的なんだ」

ビスコ「秘書艦必要なの?」

木曽「超重要らしいぞ」

ここの提督は仕事が速い


12: 2015/04/21(火)13:05:58 ID:TPt

おやつ後
扶桑「はぁ…」

提督「ドーモデンドロビウム=サン、ごきげんよう」

扶桑「提督はいつもどおりですね…」

提督「お前はいつものことながら元気ねえなぁ」

扶桑「いえ…あの子のことがきになって…」

提督「吹雪か、そうだな、お前のこと随分と慕ってたもんな」

扶桑「はい、あの子が別の鎮守府に移ってから心に穴が開いたような気分で…」

扶桑「まるでもう一人妹ができたような気分したから」

提督「わからんでもない、実戦経験こそなかったがあいつはこの鎮守府に必要な存在だったからな」

扶桑「ではなぜあの子を別の鎮守府へ?」

提督「俺以上にあいつを必要とするやつがいた、それだけだ」

提督「大丈夫、あっちでも元気でやってるさ」


13: 2015/04/21(火)13:14:05 ID:TPt

提督「で、話は変わるんだがその胸に飛び込んでもいいですか」

提督「お願いしますなんでもしますから!!」

扶桑「提督と話していると自分の悩みが馬鹿らしくなってきますね」

提督「つまりOKということか!」

扶桑「私ともケッコンカッコカリしてくれれば考えさせていただきます(ニコ」

提督「やっと笑った、お前は笑ってるのが似合ってるよ」

提督「今後に期待してるよ扶桑型 1番艦 航空戦艦『扶桑改二』さん」

扶桑「ふふ、提督に改装された、扶桑型の力……お見せします」

提督「やっぱ呼びにくいからデンドロビウムでもいい?」

扶桑「ダメです(ニッコリ」


14: 2015/04/21(火)13:21:59 ID:TPt

キャラクターメモ1
球磨型 5番艦 軽巡洋艦 木曾
この鎮守府へ早々に着任した古参の軽巡
クマとネコとハイパーレズ二人を姉にもつせいか早々に提督に慣れた苦労人
クロボンとかX2とか時々よばれるがよくわからん
提督に結構愛されている(中二病的な意味で)ので二番目に練度カンスト
ケッコンカッコカリした
提督に対して恋愛感情はあまりないが素行はともかく戦闘面では信頼している
あと提督は数少ない中二病の理解者でもある
提督とは最も部下と上司という関係がはっきりしてる間柄
また今までの人生から着任したばかりの艦娘に「慣れろ」とアドバイスする
鎮守府の縁の下の力持ちポジション


15: 2015/04/21(火)13:34:23 ID:TPt

夕方前

天龍「よんだか!師匠!」

提督「来たか!天龍!!」

提督「流派!東方不敗は!」

天龍「王者の風よ!」

提督「全新!」

天龍「系烈!」

提龍「「天破侠乱!」」

提龍「「見よ!東方は赤く燃えている!!」」

提督「よくぞ!この掛け合いを覚えた!」

天龍「あったりめーだろ!なんたって俺は世界水準軽く超えてるからなぁ!!」

天龍「あと師匠!次のアニメのDVDも回してくれよ!」

提督「どっぷりハマってんなぁ」

天龍「まぁな、中ニの道もアニメからってね」

提督「ならばお前にはこのヘルシングを貸し与えよう、存分に楽しむがいい」

天龍「よっしゃ!ぜってぇ師匠を超える中二病患者になってやるぜ!!」



天龍「で、ようはなんだ?」

提督「今のがやりたかっただけだ」


18: 2015/04/22(水)05:42:56 ID:KUW

龍田「あらあら♪私の天龍ちゃんをおもちゃにしてる馬鹿な提督はあなたかしらぁー♪」

提督「OK、話しあおう、だから首にかけた名状しがたいゲイボルグのようなものを」

提督「どけてくれないかなぁ(懇願)」

龍田「あらぁ~♪どうせ逃げる気でしょ~♪」

龍田「その空っぽの頭でどうすればいいか考えてみたらぁ~♪」

提督「なんでや!頭空っぽのほうが夢詰め込めるやろ!!」

龍田「提督にはあつぅいお灸が必要ですねぇ~♪」

この後無茶苦茶説教された


19: 2015/04/22(水)08:01:27 ID:KUW

提督土下座中

龍田「でわぁ~♪スッキリしましたので帰りますね~♪」

龍田「次はその首頂きますからぁ~♪」

提督「…」

龍田「あらぁ~♪もう声も出ませんかぁ~♪でわでわ」

バタン

天龍「し…師匠大丈夫か…」

提督「…」

天龍「おい、マジ大丈夫か!!」

提督「…」

天龍「師匠!目を覚ましてくれ師匠!!」ユサツサ

提督「うーん、龍驤が…バキュラの大群が…」

天龍「…ネてやがる…嘘だろ…あの状況で…」

天龍「土下座して反省している振りして寝ているのか!!」

天龍「さすが師匠!そこにしびれる憧れる!!」

提督「ううう…256回当ててもたおれな…はっ!夢か!!」

この提督はいつでもネれる


20: 2015/04/22(水)08:16:10 ID:KUW

脳内キャラクターメモ2
天龍型 1番艦 軽巡洋艦 天龍
着任時「オレの名は天龍。フフフ、怖いか?」
に対しての提督の反応が
「フフフ…デッドエンドシュート…」だったためあまりの中二病力に
ひれ伏し弟子に志願する
今では師弟の関係を利用して半分おもちゃにされるがなんやかんやで
しっかりと提督から指導は受けている
遠征が主な任務なので練度が高いわけではないが飽きずに続けば
たぶんW島での作戦に支援で送られるんじゃないかな(アニメ感)
提督との関係は完全に師弟でありそこに恋愛感情など存在はしない
(尊敬はされてる)
またセクハラしても=修行と脳内解釈するため提督からのセクハラ被害は少ない
なお妹様はこの関係を快く思ってない模様


21: 2015/04/23(木)10:43:27 ID:0PV

一応のお仕事タイム

ビスコ「新しい艦が就役したようね」

ユー「ドイツ海軍所属、潜水艦U-511です」

ユー「ユーとお呼びください」

ユー「少し遠出してきました。よろしくお願い致します…」

提督「…」(プルプル)

ビスコ「私と同じドイツ生まれで潜水艦よ…ってどうしたの提督?」

提督「いい…」

ビスコ「は?」

ユー「?」

提督「ふぁぁぁぁぁぁぁ!!ユーかわいいよぉぉォォ!!ちょうかわいいよぉ!!」

提督「ふわぁぁぁぁぁぁ!!その髪の毛クンカクンカしたいよぉ!!」

ユー「これ、日本式の挨拶?」

ビスコ「断じて違うわ」

ユー「提督、おもしろい、褒めらた?ダンケ」

まるゆ(で…でるタイミングを見失いました…)


22: 2015/04/23(木)11:14:16 ID:0PV

まるゆ「めまして…まるゆ着任しました」

提督「誰?そんなの聞いてない」

まるゆ「え?聞いてないって…」

提督「冗談冗談、よく来たな二人共、これで潜水艦が充実してうちも動きやすくなる」

ユー「…ダンケ」

まるゆ「まるゆ、がんばります…」

提督「ということでてめえラ新しい仲間だ!!さっさと練度上げだ!!」

58「まかせるでち!立派なイケ…げふんげふん戦力に育ててミセルでち!」

168「おいでなの…おいでなの…」

8ちゃん「はっちゃんが本当の地獄を教えてあげるのぉ」

ユー「ダンケ、仲間、多くて嬉しい」

まるゆ「いやいやいやいやいや!!なんか不穏な空気ですぅ!!」

提督「オリョールいってらー」

新特撮アニメ潜水艦Ⅴここに完成


25: 2015/04/24(金)08:05:51 ID:lNI

そろそろ夕方

隼鷹「ヒャッハー!提督はいるぜぇ!!」ドガァ!!

提督「てめえまたドア蹴飛ばし入ってきやがったなぁ!」

隼鷹「細かいこと気にしてるとハゲるよぉ?」

提督「禿げてねえよ!フッサフサだよ!今すぐアフロにも出来るわ!」

隼鷹「まぁそういうのはおいといてさぁー?これで三隻目だよねぇ~」

提督「あーそういうのは敏感なのね、知ってた」

提督「しかたがないにゃー、青葉」パチン

青葉「青葉!よばれました」パカ(屋根裏から

ビスコ「ジャパニーズニンジャ!?」

提督「今日フタマルマルマルより第三種戦闘態勢に移行」

提督「全員に今すぐ通達だ!」

青葉「おお!一ヶ月ぶりじゃないですか!任せて下さい!」(シュタ

ビスコ「一体何なのよ、第三種戦闘態勢って?」

提督「え、そんなのねえよ」

ビスコ「え?」

隼鷹「飲み会だ飲み会!!」

ビスコ「え?え?」


26: 2015/04/24(金)09:59:56 ID:lNI

うちの鎮守府では3人新人が来るたびに新人歓迎会

龍驤「すまんなぁ、あんた来てから半月経つんにいまさらで」

ビスコ「いえ、でもいきなり新人歓迎会なんて」

龍驤「安心しいな、うちはそれようの施設も準備しとるんやで」

提督「ふっ、俺の人徳があってのものだ」

ビスコ「人徳?」

提督「高校の同級生に魔塔建築士してるやつがいてただで立ててもらった」

ビスコ「なにそれコワイ」


27: 2015/04/24(金)10:09:11 ID:lNI

~回想~

提督「久しぶりだなエキノコックス」

親方「誰がエキノコックスだよこのロリコン」

提督「なんか別次元に飛ばされたって聞いたけど元気じゃねえか」

親方「まぁな、で、施設建ててもいいけど報酬はあるんだろうなぁ?」

提督「貴様が異世界飛ばされていたあいだのジョジョだ、大事に使えよ」

親方「てめえラ!準備はいいか!!1時間で終わらせんぞ!!」

コーキングガン「OK、任せて頂戴」

金槌「は…はい…がんばります…」

デモリションマシン「ウォォォォオオォォオオオオォオオオ!!!!」

ポリッシャー「はい、がんばり…ぐほ…(バタ」

提督「お前も大変そうだな」

龍驤「また提督がなんかやらかしたんか!!いっぺんしめちゃる!」

隼鷹「爆撃はまかせろぉ!!」

龍田「あらあら~♪無能を通り越して虫唾が走る提督はどこかしらぁ~♪」

親方「ああ…お互いな…」


28: 2015/04/24(金)10:20:03 ID:lNI

脳内キャラクターメモ3
俺タワーから出張してきた親方
提督とは高校の同級生で異世界にいる間に発売されたマンガやゲームを
代償に一時間ぐらいで重要施設をポンポン建てていく
狐系キャラを好きどころか崇拝していて提督にはエキノコックスと呼ばれている
なお提督は親方からロリコン扱いされる
事実だからしかたがないね!
つまり同類
なおあちらの世界では結構有名らしく結構な数の部下を抱えている


29: 1 2015/04/25(土)02:51:21 ID:dRL

あー仕事から開放されないからスマホからなんじゃぁー

ビスコ「それにしても三人で歓迎会なんて毎回じゃないのね」

龍驤「少し前まで月10人単位で艦娘が増えとったさかいそういう決まりになったんよ」

ビスコ「今は落ち着いて月1ぐらいに収まったってことね」

龍驤「まぁ提督も飲み会だのお祭りだの馬鹿騒ぎ好きやからまた昔みたいになるんかもしれんけどな」

ビスコ「全く、仕事ができるのにどうしてこう規律が保てないのかしら」

龍驤「そういったらんとあれはあれで考えとるんやで」

ビスコ「本当によくわからない人だわ」


30: 2015/04/25(土)11:36:25 ID:7ln

特設打ち上げ会場

提督「えーと」

青葉「今回で28回目ですね」

提督「そうかそうか、では第28回新人歓迎会開始だァァァ!!」

提督「まずは俺の歌を聞けぇぇx!!」

艦娘「「「「「かんぱーい」」」」」

提督「聞いてくれよぉぉォォォォ!!」

龍驤「はいはい、わかったからはようたわんかい」

隼鷹「そんなことよりお酒は~?」

明石「仕入れてるよ、赤霧島だけど」

<デンデンデンデンデンデンデンデンデンデーデーデーデー

隼鷹「お、いいのあんじゃん」

<嘆きの街に響くッ!世迷言共の靴音ッ!

<いいぞ!師匠!

ビスコ「私もいいかしら?」

隼鷹「おお!いける口かい?」

<その精神(こころ)ッ!支配するのは!蠢く悪鬼ッ!凶器ッ!天魔ッ外道ッ!

<うっさい!クソ提督!!

隼鷹「どうだいこの鎮守府は?」

ビスコ「いいところよ、提督がよくわからないけど」


31: 2015/04/25(土)11:46:08 ID:7ln

龍驤「せやろなぁ」

ビスコ「あら?あなたも飲むの?」

龍驤「見た目で判断せんといて、一応成人しとるんやから」

<我々!

<うーでち!

<寄れ依れ!

<なのお!

<世界はダーク!

<コ…コズミックです

武蔵「私も一献もらおうか」

熊野「全く、騒がしいたらありませんわ」

木曾「飲み会の席ぐらい静かにしてもらいてえもんだ」

ビスコ(あれ?なんか囲まれた?)


33: 2015/04/25(土)12:11:11 ID:7ln

龍驤「まぁ掴み所がないのはしゃあないなぁ」

熊野「提督はああ見えて繊細でしてよ」

ビスコ「そうなの?」

武蔵「そうでなければ『ビスマルクのことをたのむ』と我々に指示しないだろ」

隼鷹「まぁ潜水艦二人の盛り上げ役とかは自分でやるから」

隼鷹「カッコカリ勢にあんたのこと任せたのさ」

ビスコ「押し付けたってこと?」

木曾「接し方がわからないのさ、別に敬遠してるわけじゃない」

木曾「もっとも…あの中に混ざれるなら別だがな」

<ツッナイ!ツナイ…ツナッイ!ツナイ!今夜こそ…お前を…落としてみせる!!

<な…なんでこっち指差してんのよクソ提督!

<曙だけずるいでち!

<しれぇ!今度はデュエットしましょー!!

<あのぉ…私と演歌でも…

<落ち着きがないのねえ…

<ユーも、歌いたい

ビスコ「うん、無理」


36: 2015/04/25(土)12:38:17 ID:7ln

提督「ふぅ…疲れた」

龍驤「盛り上げ役ごくろうさん、一杯飲むか」

提督「生中でお願いします、なんでもしますから」

龍驤「ほぉ、今何でもするっていいよったなぁ」

提督「嘘ですごめんなさい」

龍驤「ならいうなあほたれ、はい生中」

提督「サンクス」

ビスコ「ユーもまるゆもうまく仲魔に溶け込めたようね」

提督「俺は盛り上げただけだ、場を温めれば自然と輪ができる」

提督「ビスコみたいにお固いのは大人の飲み会を開けばいい」

ビスコ「お固いなんて失礼ね」

提督「でも盛り上がってるよりは静かに飲んでる方が好きだろ?」

ビスコ「何もかもお見通しなのね」

提督「伊達に大勢の艦娘抱えた鎮守府の提督してねえよ」


38: 2015/04/25(土)12:39:05 ID:7ln

?仲魔 ○仲間

<日本語、難しい

<大丈夫でち!一緒に歌うでち!

<キルミーベイベー?

<どしたのでちでち!!

<キルミーベイベー?

<なんでもないでち!

<歌詞と違うじゃない!私と変わりなさいよ!

<ああ…私の三十路坂が飛ばされていく

ビスコ「ほんと、馴染んじゃってるわね(クス」

隼鷹「さぁ、うちらはうちらで楽しもうぜ!」

提督「この一杯のために生きている!」ゴクゴクプハァ!

武蔵「ほら、もう一杯いけるだろ(ニッコリ」トクトクトク

提督「まだまだぁ!」ゴクゴクプハァ

熊野「提督の、ちょっといいとこ見てみたい(ニッコリ」トクトクトク

提督「よっしゃ!」ゴクゴクプハァ

木曾「俺の注いだ酒だ、もちろん飲むよなぁ(ニッコリ」トクトクトク

提督「お前らハイペースにさせすぎ」ゴクゴクプハァ

龍驤「まさかうちの酒が飲めんとはいやせんやろうなぁ(ニッコリ」トクトクトク

提督「あ、はい」ゴクゴクプハァ

ビスコ「じゃぁ私も(ニッコリ」トクトクトク

提督「そういわれたらなぁ」ゴクゴクプハァ


39: 2015/04/25(土)12:49:56 ID:7ln

天龍「師匠!俺と飲み対決しようぜ!」

提督「いや未成年飲酒は治外法権の鎮守府でもなぁ」

天龍「成人だっていうの!飲み会のたびに同じやりとりさせるのかよ!」

提督「イエスアイアム!」

天龍「ちくしょーーーーーーーーーー!!!!!」

提督「まぁおp前も飲めよ、もう飲んだ分はハンデだ」

天龍「そうこなくっちゃなぁ」

ビスコ「お酒は飲んでも飲まれてはだめよ、全く規律が乱れてるわ」

龍驤「まぁまぁそういうわんと、今日は無礼講や」

武蔵「私も付きあおうじゃないか」

隼鷹「ヒャッハー!乗ってきたねぇ、私も負けてらんないねえ」

ビスコ「…」

ビスコ「私だって負けてられないわ!いいわ!付き合ってあげるわよ!!

明石「お酒の追加持ってきたよ、ワインに日本酒焼酎にビール、なんでもあるよ」

龍驤「つまみもぎょーさんあるから遠慮せんでええで」

提督「望むところだ、さぁ、お前の嫁を数えろ」

隼鷹「だからその決め台詞カッコ悪いって」

武蔵「そうだな、カッコカリ勢の前でいうセリフではないな」

熊野「浮気者ぉ」


40: 2015/04/25(土)13:09:29 ID:7ln

二時間後

まるゆ「ふぅ、疲れたけど面白かったですぅ」

ユー「ダンケ、ダンケ」

58「また次の飲み会が楽しみでち」

168「ほんと、次が待ち遠しいわ」

曙「で、クソ提督はどうしたの?」

雪風「しれぇならあそこですね」

提督「勝った…俺は勝ったんだ!」

武蔵「皆の分まで、この武蔵が酔いを受け止められたのなら…まぁ、私は…満足だ…」(ガク

ビスコ「酒の海に還るのね…十分に飲み合ったわ…満足、よ…」(ガク

隼鷹「あれ…あたし…(酒に)沈むの…?マジ…?」(ガク

熊野「こんな所で(酒に)沈むなんて…」(ガク

天龍「…zzz」

提督「木曾、マイク持ってこいよ」

木曾「お前、けっこう酔ってんな、ほらよ」(ポーイ

提督「おっしゃ」(ガシ


41: 2015/04/25(土)13:20:27 ID:7ln

提督「ふーーーーー……(溜め)

龍驤!好きだァー!龍驤!愛しているんだ!龍驤ぅー!
着任したときから好きだったんだ!好きなんてもんじゃない!
龍驤のことはもっと知りたいんだ!龍驤のことはみんな、ぜーんぶ知っておきたい!
龍驤を抱き締めたいんだァ!潰しちゃうくらい抱き締めたーい!
いつもの恥じらいはぁ!酒の力で打ち消してやる!龍驤ぅ!好きだ!
龍驤ぅーーーっ!愛しているんだよ!俺のこの心のうちの叫びをきいてくれー!龍驤!
お前に会った時から、龍驤を知ってから、俺は君の虜になってしまったんだ!
愛してるってこと!好きだってこと!俺に振り向いて!
龍驤が俺に振り向いてくれれば、俺はこんなに苦しまなくってすむんだ!!
優しい君なら、俺の心のうちを知ってくれて、俺に応えてくれるだろ!
俺は龍驤を俺のものにしたいんだ!そのまっ平らな胸と世話好きな性格のすべてを!
もちろん他のみんなも全員大好きだ!恋敵がいるなら、今すぐ出てこいや!相手になってやらぁ!
深海棲艦がなんぼのもんじゃぁぁぁぁ!!
俺が全員まもっ…て…や、る」(バタ


42: 2015/04/25(土)13:30:35 ID:7ln

龍驤「全く…世話の焼けるやっちゃ」

木曾「またいつもどおり愛の告白して締めかよ、やけるよ」

龍驤「まっ平らな胸ってのは余計やけどな、あとで焼き入れちゃる」

ビスコ「提督って…いつもああなの…」

隼鷹「…ああ…ああ見えて…酒の勢いでもないと…本音が出ないのさ」

天龍「…zzz」

龍田「天龍ちゃんはもらっていきますね~♪」(おひさまだっこー

木曾「普段からこんぐらい素直ならわかりやすいんだけどなぁ」

熊野「…本当…不器用な人ね…」

武蔵「…全くだ」

青葉「愛の告白された龍驤サンにひとこ(ry」

龍驤「はいはい、今日はお開きや」


43: 2015/04/25(土)13:40:37 ID:7ln

宿舎への帰り道

雪風「しれぇ、大丈夫ですか?」

58「飲み過ぎでちよ」

提督「だいじょーぶだいじょーぶ、あれ、大きな星がついたり消えたり…」

扶桑「提督…よかったら付き添いましょうか?」

提督「だいじょーぶらってぇー」(フラー

曙「って!行ってる側からどこいってんのよ!!」

提督「今日は司令室で寝るの~お前らは宿舎にかえってら~」(フラ~

ビスコ「…本当に大丈夫かしら」

武蔵「…お前は自分のこと心配しろ…明日も秘書艦だかろ…」

ビスコ「…まぁいいわ…明日二日酔いなんてしてたら一から叩きなおしてあげるわ…」

熊野「…まず自身の心配したほうがいいなじゃないかしら」

龍驤「…」


44: 2015/04/25(土)14:16:46 ID:7ln

司令室

提督「くっそ…頭いてえ…あいつら酒強くなりやがって…」

提督「さて、やるか」

トントン

龍驤「おるんやろ」

提督「いませーん」

龍驤「はいはい、入るで」(ガチャ

龍驤「はぁ…そういうこっちゃろうと思ったんや」

提督「なにもかもお見通しかよ」

龍驤「これでも君の本妻やからね」

龍驤「隠しとった書類、半分渡しいや」

提督「すまん」

龍驤「ええって、あんな飲み会急に開けるわけ無いやろ」

龍驤「まるゆの着任書指令書もろとも全部仕事隠してあの娘楽させたんやろ」

龍驤「いつものことや」

提督「すまんな」


45: 2015/04/25(土)14:35:08 ID:7ln

カキカキ
カキカキ
龍驤「窓から見える月がきれいやね」

提督「本当だな」

龍驤「意味わかってて今返事したやろ」

提督「口に出していったほうがいいか?」

龍驤「さっき十分聞いたからもうええわ」

提督「愛してるよ」

龍驤「言わんでも知っとるわ、はよ仕事しい、明日も早いんや」

提督「へーい」

カキカキ
カキカキ

龍驤「で、きみはいまの戦局どうみとるん?」

龍驤「元エリート戦術予報士として」

提督「そうだな、楽観的に見れば少しずつ押してる」

提督「だが相手の底が見えん、戦術予報ってのは情報あってこそできるもんだ」

提督「戦力も行動目的もなにもわからん相手じゃ予想しようもねえ」

龍驤「君の悪い予感はよ~当たるから怖いわ」

提督「そのためのケッコンカッコカリジュウコンだ」

龍驤「わかってるけど正妻として気分ええもんやないで」

提督「うちの鎮守府は最終防衛線、ここを突破されるわけにいかない」

提督「それに俺は誰一人轟沈させる気はない」

龍驤「君ぃ、いつか背中刺させるわ」

提督「こえーこというなよ」

龍驤「まぁ、そういうとこが好きなんやけどね」

提督「惚れなおした?」

龍驤「惚れ直す必要なんかないやん」


46: 2015/04/25(土)14:36:53 ID:7ln







龍驤「うちは君一筋やで…」


47: 2015/04/25(土)14:44:57 ID:7ln



ビスコ「寝てたら本当に1から教えなおしてあげるわ」

コンコン

ビスコ「入るわよ提督…ってあら?」

龍驤「…zzz」

提督「うう…まな板が…まな板が…zzz」

(ソファーで膝枕中)

ビスコ「特別に起こすのはまたあとにしてあげますかね」

ビスコ「ほんと、やけるわね」

第一部 艦!


48: 2015/04/25(土)14:55:26 ID:7ln

脳内キャラクターメモ4
龍驤型 1番艦 軽空母 龍驤
ご存知真っ平らサン
提督とは相思相愛
お妾さんは3人まで許すと提督に言ってるが実は許してない
そして提督は既に6人とケッコンカッコカリ済み
絶許
でも自分を一番愛してくれてるのしってるから一応安心はしてる
(なお周りはNTRしようと目論んでいる模様)
ゲーム的に言えば練度150
戦闘において搦手を多様する提督にとって一番戦力として期待してる
また、私生活でも衣食住といろいろ世話になってるが
普段着の選択が何故かダサイので外出時の服は隼鷹と熊野に頼んでる
そこ以外はなんやかんやで信頼してる
提督一途の奇特な艦娘で一番通じあってる




次の話
提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」 EX1



提督「龍驤の胸がEカップになっただと…!!」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1429402498/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。